最新ニュース

2016年WRCカレンダーに関する議論が再燃

2015.10.14

photo

©Sutton

フォトギャラリー


 世界ラリー選手権(WRC)の2016年カレンダーについて、ラリー・モンテカルロとツール・ド・コルスの契約が期限までにまとまらない可能性が出てきたと英AUTOSPORT.comが報じている。

 WRCプロモーターは先月、中国を含む全14戦の2016年カレンダーをFIA世界モータースポーツ評議会(WMSC)に提出。参戦メーカーからは大会数増加に反対の声が出ていたものの、WMSCはこれを承認した。

 ラリー・モンテカルロとツール・ド・コルスは、11月30日までに大会主催者とFIA及びWRCプロモーターが契約を結ぶことを条件に、カレンダーに含まれている。

 契約締結における最大の障壁は、テレビ放送権の譲渡に関するものだとみられているほか、両イベントとも過去にWRCから離脱した経験があり、関係者には期限までの契約締結に懐疑的な見方が広まっている。

 ある情報筋は「間違いなく期限の11月30日までもつれるだろう」と語っている。

「モンテカルロとツール・ド・コルスは自身の立場を明確にしている。そのためプロモーター側は難しい交渉を強いられている」

「すでに12の大会とは契約を結んでいるため、プロモーターはそれに縛られているんだ。ふたつのイベントだけ優遇することはできないからね」

「この問題はWRCプロモーターとFIAの悩みの種になっている。もし、WRCプロモーターがモンテカルロとツール・ド・コルスを除外すると判断しても、FIAが支持しなければ、状況はより興味深いものになるだろうね」

 FIA代表のジャン・トッドは、モンテカルロとコルシカの問題はシリーズプロモーターが解決するべき問題であるとして、静観する姿勢を示している。

「プロモーターがカレンダーに含まれている主催者たちと話をしなければならない」

「現段階で何もする気はない。すべてが順調に進むと期待しているからね」

「彼らが合意に至らなければ、我々の出番になる。しかし、まだその段階には至っていないんだ」


 WRCに参戦するMスポーツ、シトロエンは大会数増加への不満を隠しておらず、現在も批判的な立場をとっている。

 シトロエン・モータースポーツは2016年シーズン終わりに、WRCか世界ツーリングカー選手権(WTCC)でのワークス活動を終了すると明らかにしており、チーム代表のイブ・マトンはWRCが年間14戦を維持するならば、WRCへの継続参戦は難しくなると繰り返し発言している。

 またMスポーツのマルコム・ウィルソンは、中国でのWRC開催は歓迎するものの、既存イベントの代替として行われるべきだと述べている。

「中国でのWRC開催は歓迎している。中国で本格的なビジネスを展開してはいないが、市場規模は大きいからね」とウィルソン。

「それでも、年間14戦のスケジュールを受け入れるのは難しいね」

 フォルクスワーゲン・モータースポーツのヨースト・カピートはラリーが1戦増えることで「100万単位の予算が必要になる」と語っている。

「マニュファクチャラーは望んでいないにも関わらず、プロモーターとFIAの大多数は年14戦というスケジュールに賛成した」

「我々がなにを言っても仕方がない」

(オートスポーツweb )


ラリーフォト

ラリー一覧を見る

©TOYOTA

©TOYOTA

©VolksWagen AG

©VolksWagen AG

©Volkswagen AG

©VolksWagen AG


©Redbull

©Hyundai

©Redbull

©Redbull

©LAT

©LAT


ラリーニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ