最新ニュース

WRC最終戦:王者の貫禄をみせオジェがGB3連覇

2015.11.16

photo

©Volkswagen

フォトギャラリー


photo

©Volkswagen

フォトギャラリー


photo

©LAT

フォトギャラリー


photo

©LAT

フォトギャラリー


photo

©Sutton

フォトギャラリー


他の写真も表示 全5枚最初の1枚

 世界ラリー選手権(WRC)第13戦ラリーGBは15日、SS16〜19のデイ3が行われ、前日からトップを独走していたセバスチャン・オジェ(フォルクスワーゲン・ポロR WRC)が優勝。ラリーGB3連覇を達成した。総合2位は地元イギリス出身のクリス・ミーク(シトロエンDS3 WRC)が入った。イギリス人ドライバーが母国ラリーで総合2位を獲得するのは、2000年のリチャード・バーンズ以来、15年振りのこととなる。

 デイ1のSS2でチームメイトのヤリ-マティ・ラトバラ(フォルクスワーゲン・ポロR WRC)がデイリタイアしたことで、デイ2終了時点で、総合2番手に対し35.7秒の大量リードを築いたオジェ。最終デイ3では、リスクを避けた走行に徹し、最終的に26秒のギャップを保って今季通算8勝目を挙げた。

 ミークとアンドレアス・ミケルセン(フォルクスワーゲン・ポロR WRC)が24.7秒差で争っていた総合2位は、SS16〜17を終えた時点でミケルセンが17.4秒差まで接近。前戦ラリー・カタルーニャでキャリア初勝利を獲得したミケルセンは、残る2SSでもミークを上回るステージタイムを記録するが、順位を逆転するには至らず。ミークが10.2秒のリードで逃げ切った。また、ミークが2位表彰台を獲得したことで、シトロエン・モータースポーツはヒュンダイ・モータースポーツと争っていたマニュファクチャラーランキング2位の座を死守した。

 総合4位は、前を走るオット・タナク(フォード・フィエスタRS WRC)がデイ3午前中の走行でクラッシュしたこともあり、ダニ・ソルド(ヒュンダイi20 WRC)が獲得。総合5位にはヘイデン・パッドン(ヒュンダイi20 WRC)が続いている。

 今季、自らチームを立ち上げWRCに参戦したロバート・クビカ(フォード・フィエスタRS WRC)は、パンクやディファレンシャルトラブルにより苦戦。総合9位でシーズンを終えたほか、デイリタイアなどにより総合56番手まで順位を落としていたラトバラは、デイ3の全SSでトップタイムを獲得する意地の走りをみせ、総合51位で2015年シーズンを終えている。

(オートスポーツweb )


ラリーフォト

ラリー一覧を見る

©TOYOTA

©TOYOTA

©VolksWagen AG

©VolksWagen AG

©Volkswagen AG

©VolksWagen AG


©Redbull

©Hyundai

©Redbull

©Redbull

©LAT

©LAT


ラリーニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ