最新ニュース

ローブ、チームオーナーとしてジュニアWRCに参戦

2015.12.28

photo

©WTCC

フォトギャラリー


 セバスチャン・ローブが2016年のジュニア世界ラリー選手権(ジュニアWRC)にチームオーナーとして参戦する。

 WRCで前人未到の9連覇を達成したローブがチームオーナーとしてラリーに舞い戻ってくる。ローブは主に世界ツーリングカー選手権(WTCC)で活動してきたセバスチャン・ローブ・レーシング(SLR)として、長年コンビを組んでいるダニエル・エレナ、ビジネスパートナーのドミニク・ヘインツとともに2016年シーズンのジュニアWRCに参戦する。

 SLRは2016年もプライベーターとしてWTCCのシリーズ数千へスポット参戦するとみられているが、ローブは自身が名を成すきっかけとなったラリーへの挑戦はとても魅力的だったと述べている。

「ようやくラリーへ挑戦するための準備が整った」とローブ。

「チームを立ち上げた際、まず最初はサーキットレースへ参戦することにした。僕のレースキャリアの原点だからね。ただ、その時からラリーへ挑戦することは視野に入れていたよ。ただ急いで参戦する気はなかったから、準備が整うまで待っていたんだ」

「僕たちにとってラリーは特別なもの。僕とエレナ、ヘインツにとってのスタート地点がラリーだし、本当に素晴らしい時間を過ごしたからね。今度はチームとともにそういった経験をしたいと願っている」

 参戦カテゴリーとしてジュニアWRCを選んだことについて、ローブは若手ドライバーのサポートを理由のひとつに挙げている。ローブ自身も2001年にスーパー1600のFIAカップを獲得し、その翌年にはジュニアWRCでタイトルを獲得している。

「(チームとして)ジュニアWRCに参戦するというのは、自然な流れだ」

「ジュニアWRCは若手ドライバーが参戦していて、ここで速さをみせることができれば有名になるチャンスとなる。僕自身も15年前に同じ経験をしているからね」

「今からチームとしての活動が楽しみなんだ」

 2016年シーズンのジュニアWRC参戦プログラムについて、セバスチャン・ローブ・レーシングは年明け早々にも詳細を発表する見込みだ。

(オートスポーツweb )


ラリーフォト

ラリー一覧を見る

©TOYOTA

©TOYOTA

©VolksWagen AG

©VolksWagen AG

©Volkswagen AG

©VolksWagen AG


©Redbull

©Hyundai

©Redbull

©Redbull

©LAT

©LAT


ラリーニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ