最新ニュース

ダカールラリー:ローブが2日連続でトップタイム

2016.01.06

 2016年のダカールラリーは5日、テルマス・リオ・ホンド~フフイ間664km(SS距離314km)のデイ3が行われ、セバスチャン・ローブ(プジョー2008DKR16)がステージトップタイムを記録。総合順位のリードを5分以上へ拡大している。

 連日続いている悪天候の影響で、これまでと同様にデイ3も走行距離が195マイル(約314km)から120マイル(約193キロ)に短縮されて実施された。ローブは前日のデイ2と同様にすべての計測ポイントでトップタイムをマークし、総合2番手に対するリードを5分02秒まで拡大した。

 一方、デイ2で総合2番手につけていたステファン・ペテランセル(プジョー2008DKR16)は、ローブから9分以上遅れたステージ6番手と苦戦。総合2番手のポジションを12秒差でジニール・ドゥビィリエ(トヨタ・ハイラックス)に奪われてしまった。総合4番手にはミッコ・ヒルボネン(ミニ・オール4レーシング)、総合5番手には昨年勝者のナッサー・アル-アティヤー(ミニ・オール4レーシング)のミニ勢が続いている。また、2番手ドゥビィリエから6番手のリーロイ・ポルター(トヨタ・ハイラックス)までは1分40秒差と、接近した争いが繰り広げられている。

 四輪市販車部門での3連覇に挑む日本のチームランドクルーザー・トヨタオートボデーは、ニコラ・ジボン/ジャン・ピエール・ギャルサン組がクラス2番手(総合40番手)へ浮上。三浦昂/ローラン・リシトロイシター組も順位をひとつ上げ、クラス5番手(総合56番手)となっている。トラッククラスの日野チーム・スガワラ勢は、菅原照仁/杉浦博之組519号車が総合23番手、菅原義正/高橋貢組528号車が総合47番手につけた。

 明日のデイ4はビバークエリアで一切の整備が禁止されるマラソンステージで、フフイを周回する629kmの走行が予定されている。ダカールラリー2016のデイ2ハイライトはJ SPORTS3で22時~22時30分に放送される予定だ。

(オートスポーツweb )


ラリーフォト

ラリー一覧を見る

©TOYOTA

©TOYOTA

©VolksWagen AG

©VolksWagen AG

©Volkswagen AG

©VolksWagen AG


©Redbull

©Hyundai

©Redbull

©Redbull

©LAT

©LAT


ラリーニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ