最新ニュース

ダカールラリー:ローブがさらにリードを拡大

2016.01.08

 2016年のダカールラリーは7日、フフイ〜ウユニ間641km(SS距離327km)のデイ5が行われ、セバスチャン・ローブ(プジョー2008DKR16)がステージトップタイムをマーク。総合順位でのリードを7分48秒まで拡大した。

 アルゼンチンからボリビアに入るデイ5のステージでは標高4600mにもおよぶ高地を通過するルート設定。前日に引き続き。ビバークエリアでの整備が禁止されるマラソンステージとして設定された。

 3度目のステージ首位を獲得したローブは、ステージ中盤ではチームメイトのカルロス・サインツ(プジョー2008DKR16)に1分39秒速いタイムを記録。ただ、最終的にはサインツが差を詰め、ローブから22秒差でステージ2位につけた。またこれにより、サインツは総合順位でも3番手に浮上している。

「分岐点でおそらく20秒は失っている」とローブはこのステージを振り返る。

「ダニエル(エレナ/コドライバー)は正しい道を指示していたんだけど、僕が間違ってしまった」

「その他の部分では問題なかった。ダニエルは完璧だったし、何も文句はないよ。マシンにも全く問題はない。よりハードにプッシュして、結果を残すことができた」

 一方、デイ4ではステージ首位を獲得するなど、総合2番手からローブを追うステファン・ペテランセル(プジョー2008DKR16)は、ステージの大半をナッサー・アル-アティヤー(ミニ・オール4レーシング)に続く4番手を走行。ただ、ステージ終盤で差を縮め、最終的にはローブと3分差のステージ3位でフィニッシュし、総合2番手をキープした。


 ステージ4位となったアル-アティヤーは、前日まで総合5番手だったサインツが総合3番手に浮上したため、順位をひとつ落として総合4番手に。リーロイ・ポルター(トヨタ・ハイラックス)が総合5番手となった。ジニール・ドゥビィリエ(トヨタ・ハイラックス)、ミッコ・ヒルボネン(ミニ・オール4レーシング)は総合6〜7番手をキープしている。

 なお、前日まで総合8番手につけていたプジョー勢の4台目となるシリル・デプレ(プジョー2008DKR16)は、このデイ5で電気系のトラブルに見舞われ、50km/h以上では走行できない状況に。急坂ではロマン・デュマ(プジョー2008DKR15+)の牽引を受けて走行し、ローブから1時間15分遅れのステージ49位となった。総合順位でも、総合22番手まで後退している。

 四輪市販車部門での3連覇に挑む日本のチームランドクルーザー・トヨタオートボデーは、ニコラ・ジボン/ジャン・ピエール・ギャルサン組がクラス首位をキープ。三浦昂/ローラン・リシトロイシター組はクラス4番手へと浮上している。トラッククラスの日野チーム・スガワラ勢は、菅原照仁/杉浦博之組519号車が総合16番手、菅原義正/高橋貢組528号車が総合37番手と、ともに順位を上げた。

 デイ6はウユニを周回する形で、722km(SS距離542km)を走行。今大会最長のSS距離を走るステージとなる。ダカールラリー2016のデイ5ハイライトはJ SPORTS 3で22時〜22時30分に放送される予定だ。

(オートスポーツweb )


ラリーフォト

ラリー一覧を見る

©TOYOTA

©TOYOTA

©VolksWagen AG

©VolksWagen AG

©Volkswagen AG

©VolksWagen AG


©Redbull

©Hyundai

©Redbull

©Redbull

©LAT

©LAT


ラリーニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ