最新ニュース

ダカールラリー:ローブがクラッシュ。首位交代

2016.01.12

photo

©Redbull

フォトギャラリー


photo

©Redbull

フォトギャラリー


photo

©X-raid

フォトギャラリー


photo

©Redbull

フォトギャラリー


他の写真も表示 全4枚最初の1枚

 2016年のダカールラリーは11日、サルタ~ベレン間767km(SS距離394km)のデイ9が行われ、前回王者のナッサー・アル-アティヤー(ミニ・オール4レーシング)が今大会初のステージ優勝を果たした。一方、総合首位のセバスチャン・ローブ(プジョー2008DKR16)はステージ終盤で激しくクラッシュ。1時間以上タイムを失い、総合8番手まで後退している。

 現地10日の休息日を終えて行われたデイ9は、今大会苦戦が続いていたアル-アティヤーが第1チェックポイント通過時点で、ライバルに対し1分以上のギャップをつける快走をみせた。その後はカルロス・サインツ(プジョー2008DKR16)が追い上げをみせ、最終チェックポイントではサインツが47秒差で先行したものの、アル-アティヤーがわずか12秒差で逆転してトップタイム。今季初のステージ優勝を飾ると同時に、プジョーの連続ステージ優勝記録を7で止めることに成功した。

 アル-アティヤーが調子をあげた一方で、ローブは苦戦。一時はアル-アティヤーの1分以内に詰め寄っていたものの、砂丘にマシンが捕まり約8分ほどタイムをロスすると、フィニッシュまで残り20マイル(約32.1キロ)付近ではマシンが横転する激しいクラッシュを起こしてしまった。

 ローブとコドライバーのダニエル・エレナに大きな怪我はなく、両名はマシンを走行可能な状態へ修復し、トップから68分遅れのステージ33位でフィニッシュ。これにより、総合順位では首位となったステファン・ペテランセル(プジョー2008DKR16)から1時間5分遅れの総合8番手まで順位を落とすこととなった。


 ローブのクラッシュについて、現場を通過したペテランセルは「ステージ残り20マイルの地点で大きな川を渡るポイントがある。時速120km前後で川を通過するけれど、そこに大きな穴があるんだ。ローブはその穴に落ちてしまって、激しく横転したようだった」と説明している。

「マシンが何回転したかは分からないけど、ローブは無事だった。マシンから脱出していて、自分たちは大丈夫だからゴールを目指してくれと言われたよ」

 総合首位のペテランセルから2分9秒差の総合2番手にはサインツが浮上。14分43秒差の総合3番手にはアル-アティヤー、36分42秒遅れの総合4番手にはミッコ・ヒルボネンがつけている。

 四輪市販車部門での3連覇に挑む日本のチームランドクルーザー・トヨタオートボデーは、ニコラ・ジボン/ジャン・ピエール・ギャルサン組はクラス4番手を維持しているほか、三浦昂/ローラン・リシトロイシター組もクラス6番手でデイ9の走行を終えている。トラッククラスの日野チーム・スガワラ勢は、菅原照仁/杉浦博之組519号車が総合18番手、菅原義正/高橋貢組528号車は総合41番手につけている。

 明日のデイ10はベレンを周回する396km(SS距離285km)の走行が予定されている。ダカールラリー2016のデイ9ハイライトはJ SPORTS 3で22時~22時30分に放送される予定だ。

(オートスポーツweb )


ラリーフォト

ラリー一覧を見る

©TOYOTA

©TOYOTA

©VolksWagen AG

©VolksWagen AG

©Volkswagen AG

©VolksWagen AG


©Redbull

©Hyundai

©Redbull

©Redbull

©LAT

©LAT


ラリーニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ