最新ニュース

Mスポーツ、青を基調とした新カラーリング発表

2016.01.14

photo

©M-sport

フォトギャラリー


 世界ラリー選手権(WRC)に参戦するMスポーツが今季のマシンカラーリングを発表した。昨年のデザインを継承しつつも、ベースカラーをホワイトから、市販車モデルのフォード・フィエスタでも採用されているニトロナス・ブルーへ変更している。

 2015年シーズンはエルフィン・エバンスとオット・タナクという2名の若手ドライバーを起用したMスポーツ。ふたりのドライバーは速さをみせ、優勝争いに絡む場面もあったがクラッシュも多く、ドライバーズランキングではエバンスが7位、タナクが10位と苦戦。チームランキングでも4位と低迷していた。

 そのMスポーツは今季、シトロエンから移籍したマッズ・オストベルグと昨年トヨタのWRCプログラムでテストドライバーを務めたエリック・カミリをレギュラードライバーとして起用。2台のフォード・フィエスタRS WRCで2016年のWRCに挑む。

 今季のカラーリングデザインについては、大きく刷新するのではなく昨年のものを踏襲している。これは2014年のデザインがWRC公式サイトの人気投票でライバルを圧倒する支持があったからだとしている。そのためブルーのストライプデザインはそのままに、ベースカラーのみを刷新する形となっている。

 Mスポーツ代表のマルコム・ウィルソンは「2015年のカラーリングは、あっという間にファンの心を掴んだ。そのためデザインを一新するのではなく、進化させることで力強いデザインを生み出した」と語っている。

「フォードとの強力なテクニカルパートナーシップも継続しており、ここから新たなインスピレーションを得ることができた。新しいカラーリングは体制を一新したチームに新鮮さをもたらしてくれる」

「また、今年もミシュランやカストロールをはじめとするパートナーとも提携していくよ」

 2016年のWRC開幕戦モンテカルロは1月21日に開幕。Mスポーツはオストベルグとカミリをエントリーさせるほか、エバンスをフォード・フィエスタR5でWRC2にエントリーさせる。

(オートスポーツweb)


ラリーフォト

ラリー一覧を見る

©TOYOTA

©TOYOTA

©VolksWagen AG

©VolksWagen AG

©Volkswagen AG

©VolksWagen AG


©Redbull

©Hyundai

©Redbull

©Redbull

©LAT

©LAT


ラリーニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ