最新ニュース

ラトバラ、WRC開幕戦で観客と接触したことを謝罪

2016.01.24

photo

©Volkswagen

フォトギャラリー


 世界ラリー選手権(WRC)に参戦するヤリ-マティ・ラトバラ(フォルクスワーゲン・ポロR WRC)は、開幕戦モンテカルロのデイ3で、観客と接触するアクシデントがあったことを謝罪した。

 ラトバラは23日に行われたSS11走行中にコースオフ。このコースオフから復帰する際に道路脇で観戦していた観客をはねてしまうアクシデントを起こしてしまった。なお、ラトバラのマシンはコースオフした際にサスペンションが破損したため、デイリタイアしている。

 WRCの公式サイトであるWRC.comが公開しているステージハイライト動画では、ラトバラがコースオフする場面も収められており、この直後に観客と接触したものとみられている。フォルクスワーゲンが発表した声明文によれば、マシンと接触した衝撃で観客は地面に叩きつけられたものの、怪我は追っていないとのことだ。

 ラトバラは「今日起こしてしまったことについて、心から謝罪したい」と述べている。

「路面がとても滑りやすいコンディションになっていて、右コーナーを立ち上がった直後にバランスを崩した。そのままコース横の溝に向かっていってしまったんだ」

「泥とエンジンルームから出る煙によって視界を遮られていた。観客が飛び退くのが見えたから、ゆっくりとコースへ復帰した。その後、チームから観客と接触したと聞かされたんだ」

「この件については、本当に申し訳ないと思っている」

 フォルクスワーゲン・モータースポーツ代表のヨースト・カピートは事故の情報を得ると、すぐにラトバラの不注意を咎めたと語っている。

「ニュースを聞いた直後に、ドライバーと連絡を取り、なぜ事故が発生したのかを調査した」

「私たちは、このような事故を起こしてしまったことを後悔している」

■WRC開幕戦モンテカルロ SS11~13ハイライト

(オートスポーツweb )


ラリーフォト

ラリー一覧を見る

©TOYOTA

©TOYOTA

©VolksWagen AG

©VolksWagen AG

©Volkswagen AG

©VolksWagen AG


©Redbull

©Hyundai

©Redbull

©Redbull

©LAT

©LAT


ラリーニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ