最新ニュース

オジエ「今の気持ちを言葉にするのは難しい」

2016.01.25

photo

©Volkswagen

フォトギャラリー


photo

©Volkswagen

フォトギャラリー


photo

©Volkswagen

フォトギャラリー


photo

©Volkswagen

フォトギャラリー


photo

©Volkswagen

フォトギャラリー


他の写真も表示 全5枚最初の1枚

2016年1月25日(月)
フォルクスワーゲン 世界ラリー選手権(WRC)シーズン開幕戦を制す

•セバスチャン オジェがラリー・モンテカルロ3連覇を達成
•フォルクスワーゲンは、2013年のWRC復帰以来40戦中35勝

 2016年世界ラリー選手権(WRC)の幕開けを告げる伝統の一戦、「ラリー・モンテカルロ」が、1月21日(木)〜24日(日)、フランス、オートアルプ県の県庁所在地「ギャップ」を中心に開催されました。

 フォルクスワーゲン・モータースポーツのセバスチャン オジェ選手(フランス)は、ポロR WRCを首位でフィニッシュに導き、自身33勝目、そしてチームとして35勝目を記録しました。また、チームメイトのアンドレアス ミケルセン選手(ノルウェー)も2位完走となり、フォルクスワーゲン・モータースポーツは、2016年のシーズンを1-2フィニッシュという形でスタートを切りました。ヤリ-マティ ラトバラ選手(フィンランド)は3番手走行中のデイ2でクラッシュし、残念ながらリタイアとなりました。

「ラリー・モンテカルロ」は、最難関イベントと言われています。木曜夕刻の公式スタートの場、カジノ広場に雪はありませんが、フレンチアルプスのギャップに移ると、路面はドライ、ウェット、アイスバーン、スノーと変化、ひとつのスペシャルステージ(SS:競技区間)ですべてのコンディションに遭遇することも珍しくありません。スリック、ブロックパターン、スパイク付とさまざまなタイヤが用意されますが、刻一刻と移り行く状況には完全に対応できず、常にある種の妥協を強いられます。これを埋めるのが、チームのタイヤ選択であり、ドライバーの卓越したタイヤ管理です。マシン、ドライバー、戦略、スピード、抑制心が噛み合い、さらに幸運の女神を微笑ませて、ようやく勝利を手にできます。

 2016年ラリー・モンテカルロは、総走行距離1,474.34kmのターマック(舗装路)イベントです。急なカーブがいくつも折り重なる「チュリニ峠」や悪名高いシステロンを含め、全16カ所のSSが設定され、SS総距離は374.89kmです。


 実家がラリールート上にあるオジェは、3度のWRCタイトルに輝くディフェンディングチャンピオンです。木曜夜の2ステージを2位でまとめ、本格的な競技が始まるデイ1最初のSSで首位に立ちます。デイ2では、2番手につけていたクリスミーク(シトロエン)のリタイアもあり、リードをさらに拡大します。これについてオジェは、「最後までやり合いたかった」と、アスリートらしい一面を覗かせました。

 ミケルセンは、巧みなタイヤ管理によって順位を上げ、最終的に2位でフィニッシュしました。今季からコンビを組むコドライバーのイェーガーは、WRCデビュー戦を表彰台で飾る快挙を達成しました。

 次戦「ラリー・スウェーデン」は、スウェーデンのカールスタッドを中心に2月11日(木)〜14日(日)に開催されます。

[終了後のコメント]
■フォルクスワーゲン モータースポーツ ディレクター:ヨースト カピート
「1-2フィニッシュで新シーズンをスタートできるのは、ひとつの偉業です。このラリーでは、すべての要素が噛み合わないかぎり成功はありません。チーム内で頻繁に聞かれる質問は、『手伝うことあるかい?』です。この言葉に我々のチームスピリットが集約されています。」

■カー#1:セバスチャン オジェ(フランス) 最終結果:優勝
「WRCを象徴するラリーで勝利を収めることができました。今の気持ちを言葉にするのは難しいですね。チームの面々、抜群の性能を発揮したポロR WRC、声援を送ってくれたファンに感謝します。」

■カー#2:ヤリ-マティ ラトバラ(フィンランド) 最終結果:リタイア
「競技委員の決定を受け入れます。事故は残念ですが、二度と繰り返さないよう最善の努力を払います。観客に大きな怪我がなかったことが不幸中の幸いです。」

■カー#9:アンドレアス ミケルセン(ノルウェー) 最終結果:2位
「素晴らしいスタートが切れました。“モンテ”の入賞には、特別な意味があります。チーム全員が完璧な仕事をしてくれたおかげです。」


■FIA世界ラリー選手権 第1戦ラリー・モンテカルロ 最終結果
1.セバスチャン オジェ/ジュリアン イングラシア(フォルクスワーゲン) 3時間49分53秒1
2.アンドレアス ミケルセン/アンデルス イェーガー(フォルクスワーゲン) +1分54秒5
3. ティエリー ヌービル/ニコラス ジルスル(ヒュンダイ)+3分17秒9
DNF ヤリ-マティ ラトバラ/ミーカ アンティラ(フォルクスワーゲン)

■FIA世界ラリー選手権 マニュファクチャラーズ選手権ランキング(第1戦終了時点)
1.フォルクスワーゲン・モータースポーツ 25
2.ヒュンダイ・モータースポーツ 25
3.フォルクスワーゲン・モータースポーツII 18

■FIA世界ラリー選手権 ドライバーズ選手権ランキング(第1戦終了時点)
1.セバスチャン オジェ(フォルクスワーゲン) 28
2.アンドレアス ミケルセン(フォルクスワーゲン) 19
3.ティエリー ヌービル(ヒュンダイ) 15

(フォルクスワーゲン グループ ジャパン株式会社 プレスリリース)


ラリーフォト

ラリー一覧を見る

©TOYOTA

©TOYOTA

©VolksWagen AG

©VolksWagen AG

©Volkswagen AG

©VolksWagen AG


©Redbull

©Hyundai

©Redbull

©Redbull

©LAT

©LAT


ラリーニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ