最新ニュース

トヨタ、WRC開発ドライバーにヒルボネン招集か

2016.01.29

 2017年に世界ラリー選手権(WRC)に復帰するTOYOTA GAZOO Racingは、トヨタ・ヤリスWRCの開発ドライバーにミッコ・ヒルボネンを起用するとMotorsport.comが報じている。

 1999年以来、17年ぶりにWRCへ復帰参戦するにあたり、トヨタはWRC4連覇の経験を持つトミ・マキネンをチーム代表に起用。現在、フィンランド・プーポラにあるファクトリーでマシン開発など参戦に向けた準備が進められている。また、今年の春から世界各地で走行テストを開始することもアナウンスされている。

 今回、チームへ合流すると報じられたヒルボネンは2014年末までWRCにフル参戦。これまでMスポーツやフォード、スバル、シトロエンに所属し通算15勝を挙げている。今年はX-raidからダカールラリーに初挑戦し、総合4位を獲得する活躍もみせている。

 チームはすでに、テストドライバーとしてブライアン・ブフィエとユホ・ハンニネンの2名を起用しており、ヒルボネンは開発を主導するリードドライバーとして招集されるとみられている。なお、長年ヒルボネンのコドライバーを務めていたヤルモ・レーティネンはスポーティング・ディレクターとして、すでにチームへ合流済みだ。

 復帰初年度のドライバーラインアップについては、これまでクリス・ミークやヤリ-マティ・ラトバラなど複数の有力ドライバーの名前が挙がっているが、いずれも否定されており現時点では明らかにされていない。また、参戦台数について、マキネンは少なくとも2台体制を構築したい意向を示している。

(オートスポーツweb)


ラリーフォト

ラリー一覧を見る

©TOYOTA

©TOYOTA

©VolksWagen AG

©VolksWagen AG

©Volkswagen AG

©VolksWagen AG


©Redbull

©Hyundai

©Redbull

©Redbull

©LAT

©LAT


ラリーニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ