最新ニュース

VW、今季末でWRC撤退の噂に「ノーとは言えない」

2016.02.02

 1月に開催された世界ラリー選手権(WRC)開幕戦ラリー・モンテカルロで、フォルクスワーゲンが今シーズンをもってWRCから撤退するのでは? という噂が流れた。その真偽を確かめるべく、とあるフォルクスワーゲンWRCチームの関係者と話をしたところ「ノーとは言えない」という返事だった。

 昨年、例の排ガス不正問題が浮上した時、チーム代表のヨースト・カピートは「我々のWRCプログラムは影響を受けない」と語っていたが、そのカピートもあと数ヶ月でチームを離れ、マクラーレンF1チームのCEOに就任する。

 チーム離脱と排ガス不正問題は何も関係がないとカピートはモンテの現場で強調していたが、少なくともWRCプロジェクトを支えて続けてきたカピートがいなくなることは、チームにとってポジティブな材料ではない。話を聞いたチーム関係者も「カピートの後任が誰になるかで、今後の方向性は見えてくるだろう」と語っていた。もしも、非常に力があると思われる人物が就任したならば、それは来季以降もWRC参戦を続ける意志があることの現れ。しかし、もしそうでなければ店じまいに向けての準備に入るというサインだろうと、その関係者は言う。

 決断は遅くとも秋の第13戦グレートブリテンまでには下され、もし撤退となった場合はチームのスタッフやドライバーに他チームへの移籍を交渉する時間的猶予を与えるはず。かつて日本メーカーがやったように、シーズン終了後に撤退を発表し、選手やスタッフを路頭に迷わせるようなことはしないはずだ。


 撤退の理由に関してはふたつ考えられる。ひとつは、純粋に経済的な理由によるもの。現時点でも件のスキャンダルにより世界的に売り上げが下降しており、今後アメリカで膨大な制裁金が課せられたとしたら、プロモーションのためとはいえ大掛かりなモータースポーツ活動を続ける余裕はなくなる。

 そしてもうひとつの理由は、失墜した環境イメージを回復するためだ。フォルクスワーゲンがWRCに参戦した大きな理由のひとつが、小排気量ターボエンジンの優位性をプロモートすること。その目的は、去年3年連続でダブルタイトルを獲得したことで、ある程度達成されたといえる。そして、現在フォルクスワーゲンはダーティなイメージがついてしまったエンジン技術よりも、プラグインハイブリッドなどEV技術をアピールするマーケティングにシフトしている。そのため、前出のチーム関係者は「WRCを止めたらフォーミュラEに参戦するのでは」と推測する。

 あくまでも噂の域を脱するレベルの話ではないが、チーム関係者でさえ確信を持って「来年以降も参戦する」とは言えない状況のようだ。2017年のWRC開幕戦モンテカルロで、フォルクスワーゲンの新型WRカーが元気に走っていることを願うばかりだ。

(Keisuke Koga)


ラリーフォト

ラリー一覧を見る

©TOYOTA

©TOYOTA

©VolksWagen AG

©VolksWagen AG

©Volkswagen AG

©VolksWagen AG


©Redbull

©Hyundai

©Redbull

©Redbull

©LAT

©LAT


ラリーニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ