最新ニュース

ヒュンダイ、開発中のi20 R5初テストを実施

2016.02.02

photo

©Hyundai

フォトギャラリー


photo

©Hyundai

フォトギャラリー


photo

©Hyundai

フォトギャラリー


photo

©Hyundai

フォトギャラリー


photo

©Hyundai

フォトギャラリー


他の写真も表示 全5枚最初の1枚

 ヒュンダイ・モータースポーツは今年夏ごろの販売を目指す新型i20 R5の初走行テストを南フランスで実施したことを明らかにした。

 ヒュンダイが開発を進めているi20 R5は、世界ラリー選手権(WRC)のWRC2やヨーロッパラリー選手権(ERC)などで近年速さをみせるR5規定に沿ったラリーカー。R5規定はS2000規定に代わるものとされており、アップライトは4輪すべてで共用しなければならず、エンジン排気量も1.6リッターに制限されるなど、厳しいコスト制限が行われている。これまで、フォードやシトロエン、シュコダがR5規定マシンを開発し、カスタマーへ販売を行っている。ヒュンダイはマシン開発のため、昨年9月にカスタマー部門を立ち上げ、i20 WRCを開発したチームと連携して製作を進めているという。

 そのi20 R5の走行テストが1月下旬、南フランスのフォンジョンクーズで実施された。ドライブしたのはチームのテストドライバーを務めるケビン・アブリングだ。チームは今後、夏までに各地で走行テストを重ねていくとしている。

 カスタマー部門を率いるアンドレア・アダモは「チームスタッフが何カ月もかけて作り上げた新型R5マシンのテストをスタートさせることができ、興奮している」とのコメントを発表した。

「初テストでは信頼性の確保に注力した。信頼性が高ければ、マシンを受け取ったチームはドライビングに集中することが可能だ。現在は、夏の終わりごろまでに1台目のi20 R5をデリバリーすることを目標としている」

「R5規定マシンはカスタマーチームのためのもので、我々はどの選手権でもi20 R5でのワークス活動は行わない。その代わり、マシンを使いたいという顧客に対し、最高のマシンとサポートを行うことに集中している」

(オートスポーツweb)


ラリーフォト

ラリー一覧を見る

©TOYOTA

©TOYOTA

©VolksWagen AG

©VolksWagen AG

©Volkswagen AG

©VolksWagen AG


©Redbull

©Hyundai

©Redbull

©Redbull

©LAT

©LAT


ラリーニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ