最新ニュース

雪不足でWRC第2戦にスケジュール変更の可能性

2016.02.08

photo

©LAT

フォトギャラリー


 11日に開幕する世界ラリー選手権(WRC)第2戦スウェーデンのスケジュールを変更し、短縮する検討が進められている。

 今シーズンのヨーロッパはかつてないほどの暖冬に見舞われており、スウェーデンでも例年より雪が少なく、特にSS1が行われるカールスタードではまったく雪や氷がない状況となっている。また、先月にはラトビアで行われる予定だったヨーロッパ・ラリー選手権(ERC)の開幕戦ラリー・リエパーヤが、雪不足により開催が延期されている。

 今週後半には再び雪の予報が出ているため、大会主催者は現地火曜日~水曜日に予定されているレッキ走行を木曜日~金曜日に延期し、競技を土曜日、日曜日の2日間に短縮するプランを検討している。また、ある大会関係者もあらゆる可能性を検討していることを認めている。

 主催者側は予報より早く雪が降る可能性を期待し、できるだけ決定を先延ばしにしようと試みているが、支援者や関係者は現地9日の朝までに決断するように迫っている。なお、主催者はFIAやWRCプロモーターと密に連携を取っており、最終的な決定もこの3者によって下される見込みだ。

 ラリー・スウェーデンCEOのグレン・オルソンは「天候の急変にはいつも驚かされる」とコメントしている。

「現時点では、金曜日に十分な降雪があると予報されている。以前より状況は改善しつつあるよ」


 降雪量だけでなく、路面が凍結していないことを懸念する声も挙がっている。今大会のレッキ走行ではスタッドタイヤ装着を求めれており、このままの状況で走行した場合、路面を破壊してしまう可能性があるという。

 ラリー・スウェーデンのルートマネージャーを務めるヨハン・マグヌッソンは「週末には気温が0度以下まで下がり、雪が降る予報となっている。しかし、路面が再び凍結するかは疑問だ。ラリーを実施するためには路面が凍っていなくてはならない」と述べている。

「レッキ走行が行われる火曜日から水曜日にかけて、気温は0度以上の予報だ。このまま、走行を行えば路面に深刻なダメージを与えかねない」

 weather.comによれば、現在のカールスタードの気温は4度。火曜日も最高気温が4度、最低気温が1度の予報となっており、水曜日から最低気温が0度を下回るとしている。

(オートスポーツweb )


ラリーフォト

ラリー一覧を見る

©TOYOTA

©TOYOTA

©VolksWagen AG

©VolksWagen AG

©Volkswagen AG

©VolksWagen AG


©Redbull

©Hyundai

©Redbull

©Redbull

©LAT

©LAT


ラリーニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ