最新ニュース

雪なしスウェディッシュ。オジエ中止を要請も開催へ

2016.02.11

photo

©CITROEN

フォトギャラリー


photo

©VolksWagen AG

フォトギャラリー


photo

©CITROEN

フォトギャラリー


他の写真も表示 全3枚最初の1枚

 2月11日〜14日に開催されるWRC世界ラリー選手権第2戦スウェディッシュだが、このところの北欧は暖冬により気温が高く、雪や氷がない異常事態となっている。セレモニアルスタートを前に、王者セバスチャン・オジエはラリーをキャンセルにするべきだと語った。

 伝統的に2月に開催されるスノーラリー、スウェディッシュ。ラリーカーはスタッドを装着したタイヤで雪に覆われたラリーを戦うことになるが、この暖冬で雪や氷がなく、今年はグラベル路面がむき出しになった状態となっている。気温が低下した月曜日に、オーガナイザーは短縮されたスケジュールを発表したが、レッキの初日を終えたオジエは、スウェーデンの地元紙に対して「ラリーは開催されるべきではない」と語った。

「僕たちが走ることができるのは、(金曜日に一部のルートがある)ノルウェーだけだ。そこでスプリントのラリーをすることならできる。だけど、残りは完全にグラベルラリーなんだ。間違いなく安全ではないよ。そこで競技を行ったら、我々はすぐに(タイヤの)スタッドを失ってしまうだろう。本当に危険なんだ」

「僕たちがいまレッキをしていることが理解できないね。我々は理由もなく道を破壊しているんだ」

 オジエはオーガナイザーに対しては同情の余地があると言うが、それでもラリーを行うことは危険だと強調した。


「もちろんすべての人々に対して、難しい決断になることは間違いないね。でも今回は、単純に走れないんだよ。スタッド装着のタイヤが適さないグラベルを走ることは、あまりに危険だ」

 このオジエの意見にはオット・タナクも同調するが、FIAのラリーディレクターを努めるヤルモ・マホネンはオーガナイザーとの協議を経た後、ラリーは予定どおりに開催されると語り、オジエの意見を退けた。

「競技は予定どおり開催される。我々はすでにラリー開幕までの数日、問題解決に向けて動いており、状況はポジティブだ」と語るマホネン。

「チーム、FIA、オーガナイザー、プロモーターが競技をサポートするべく、一致団結している」

 マホネンはオジエの指摘に対して「もちろん我々は彼らの話に耳を傾けている。最終的に大切なことは安全だ。だけど、これはちょっとした違いなんだ。彼らは他の年と比べすぎている」と述べた。

「彼の意見はもちろん理解している。だけど彼は、チームはラリーを戦う決断をしていることを忘れているようだね」

(オートスポーツweb )


ラリーフォト

ラリー一覧を見る

©TOYOTA

©TOYOTA

©VolksWagen AG

©VolksWagen AG

©Volkswagen AG

©VolksWagen AG


©Redbull

©Hyundai

©Redbull

©Redbull

©LAT

©LAT


ラリーニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ