最新ニュース

WRCスウェーデン:若手パッドン2番手。VW首位

2016.02.13

photo

©Hyundai

フォトギャラリー


photo

©Sutton

フォトギャラリー


photo

©LAT

フォトギャラリー


photo

©Redbull

フォトギャラリー


photo

©CITROEN

フォトギャラリー


他の写真も表示 全5枚最初の1枚

 世界ラリー選手権(WRC)第2戦スウェーデンは12日、SS2〜4、SS7〜9のデイ2が行われ、セバスチャン・オジエ(フォルクスワーゲン・ポロR WRC)がトップタイムを記録。総合2番手にはスノーラリーの経験が少ない若手ドライバーのヘイデン・パッドン(ヒュンダイi20 WRC)が続いている。

 今シーズンの北欧は暖冬により気温が高く、雪や氷がほとんどない異常事態に見舞われている。この第2戦はフルスノーラリーとされており、ラリーカーはスタッドタイヤでの走行が義務付けられているが、グラベル路面がむき出しの状態だ。そのため、主催者側は大幅にスケジュールを短縮。デイ1はセレモニアルスタートのみとなり、デイ2のSS2がオープニングステージとなった。なお、デイ2は雪が比較的残っているノルウェー国境付近で行われている。

 一方、ドライバーからは大会を中止するべきとの声も挙がった上、デイ2スタート前には安全上の問題を理由にSS2のボイコットも検討されたが、全ドライバーの合意が得られなかっため断念している。

 午前中に行われた3SSでは、マシンの左フロント部に軽いダメージを負いながもオジエがトップタイムを記録。2番手につけていたチームメイトのアンドレアス・ミケルセン(フォルクスワーゲン・ポロR WRC)に対し、24.2秒のギャップをつけた。総合3番手にはクリス・ミーク(シトロエンDS3 WRC)がつけた。

 オジエは午後に行われた3SSでも最速タイムをマークし、デイ2の全SSで首位を獲得する好走をみせた一方、ミケルセンとミークは相次いでクラッシュ。ミケルセンはリアにダメージを受けつつも総合7番手でデイ2を完走したが、ミークは開幕戦モンテカルロに続きデイリタイアしてしまった。上位を走る2台が脱落したこともあり、総合2番手にはスノーラリーの経験が少ない若手ドライバーのパッドンが浮上。オジエとのギャップは26.9秒となっている。パッドンと約7秒差の総合3番手にはマッズ・オストベルグ(フォード・フィエスタRS WRC)がつけた。

 最上位クラスで唯一、DMACKタイヤを装着するオット・タナク(フォード・フィエスタRS WRC)が総合4番手。総合5番手はヒュンダイのサテライトチームから出場しているダニ・ソルド(ヒュンダイi20 WRC)が続いている。

 、ヤリ-マティ・ラトバラ(フォルクスワーゲン・ポロR WRC)は序盤にドライブシャフトを破損。2輪駆動での走行を強いられたため、トップから4分以上遅れてしまったほか、ティエリー・ヌービル(ヒュンダイi20 WRC)は総合3番手走行中、トランスミッションにトラブルが発生。総合10番手まで順位を落としている。

 13日のデイ3はSS10、12、14、16、17の5SSが行われる予定だ。

(オートスポーツweb )


ラリーフォト

ラリー一覧を見る

©TOYOTA

©TOYOTA

©VolksWagen AG

©VolksWagen AG

©Volkswagen AG

©VolksWagen AG


©Redbull

©Hyundai

©Redbull

©Redbull

©LAT

©LAT


ラリーニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ