最新ニュース

WRCメキシコ:デイ1はVWとヒュンダイが上位独占

2016.03.04

photo

©Sutton

フォトギャラリー


photo

©Hyundai

フォトギャラリー


photo

©Hyundai

フォトギャラリー


photo

©Volkswagen AG

フォトギャラリー


photo

©Volkswagen AG

フォトギャラリー


他の写真も表示 全5枚最初の1枚

 世界ラリー選手権(WRC)第3戦メキシコは3日、SS1~3のデイ1が行われ、今大会でWRC参戦100戦目を迎えたセバスチャン・オジエ(フォルクスワーゲン・ポロR)が総合首位につけた。僅差の総合2番手にはティエリー・ヌービル(ヒュンダイi20 WRC)が続いている。

 前戦ラリー・スウェーデンから、およそ2週間のインターバルを経て行われるラリー・メキシコ。今季初のグラベルラリーとなる今大会は高地での開催となるため、ドライバーはもちろん、エンジンやマシンにも負担がかかる。また、最終デイ4には今季最長80kmのロングステージも行われるため、これまで以上に過酷なイベントとなっている。なお、今年はセミワークス体制でWRCへ挑んでいるシトロエン勢は、ラリー・メキシコへのエントリーを見送っている。

 現地3日夜のセレモニアルスタート直後に行われたSS1はグアナファト市内に設けられた1.09kmのステージ。ここでは今季2戦連続で表彰台を獲得しているヒュンダイ勢のひとり、ヌービルがトップタイムを記録した。0.1秒差の2位には意地の走りをみせたプライベーターのロレンツォ・ベルテリ(フォード・フィエスタRS WRC)が食い込み、0.4秒差の3位にオジエがつける形となった。

 続くSS2~3は、2.03kmのステージを2台のマシンが同時に走行するスーパースペシャルステージ。王者オジエは2ステージともステージ1位を獲得する盤石の走りをみせ、ヌービルを逆転。1.7秒のリードでデイ2へ挑むこととなった。

 総合3番手から総合6番手までは、フォルクスワーゲンのヤリ-マティ・ラトバラとアンドレアス・ミケルセン、ヒュンダイのダニ・ソルドとヘイデン・パッドンが分け合う形に。総合7番手にはベルテリがつけ、総合8番手もマーティン・プロコップ(フォード・フィエスタRS WRC)とプライベーターのフィエスタが奮起した一方で、Mスポーツ勢は苦戦。マッズ・オストベルグ(フォード・フィエスタRS WRC)が総合11番手、エリック・カミリがクラス最後尾の総合12番手につけた。

 現地4日のデイ2では、54.21kmのロングステージを含むSS4~SS10の7SSが行われる。

(オートスポーツweb )


ラリーフォト

ラリー一覧を見る

©TOYOTA

©TOYOTA

©VolksWagen AG

©VolksWagen AG

©Volkswagen AG

©VolksWagen AG


©Redbull

©Hyundai

©Redbull

©Redbull

©LAT

©LAT


ラリーニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ