最新ニュース

マキネンがテスト担当? ヤリスWRC、来月初走行へ

2016.03.17

 2017年から世界ラリー選手権(WRC)に復帰するTOYOTA GAZOO Racingを率いるトミ・マキネンは、トヨタ・ヤリスWRCの初テストを来月にも行う予定であることを明らかにした。

 当初は今週中にもヤリスWRCのシェイクダウンが行われる予定だったが、いくつかのパーツの準備が整わず、スケジュールの変更を余儀なくされたという。マキネンは「元々のスケジュールでは、4月にテストを行うつもりだった」と説明している。

「しかし、スタッフの努力により3月に予定を早められる可能性が出てきていたんだ。結局、3月中の走行は不可能となり、当初の計画に戻ったわけだ」

「すべてスケジュール通りに進んでいて、遅れは出ていない。今回の件はとても小さな問題だよ。すでにエンジンの搭載作業は完了していて、あとは少量のパーツが到着するのを待っている段階だ」

 マキネンは、ヤリスWRCのシェイクダウンと初回テストはファクトリーにほど近いフィンランド中部で行う予定であるとし、「5月上旬にはヨーロッパの南部や中部でテストをするべきだろう」ともコメントしている。

「それに、走行距離も稼がなくてはならない」

 復帰初戦となる2017年のラリー・モンテカルロに照準を合わせ、チームはテストを行う部隊を2チーム編成し、走行データの収集を急ピッチで進める計画だ。

 また、マキネンはヤリスWRCのシェイクダウンの際、自らステアリングを握る可能性についても言及している。

「その可能性もある。私自身も初走行を担当したいと思っているんだ」

「エンジニアチームを率いての走行となるだろう。もちろん、私はまだマシンを操ることができると感じているよ」

(オートスポーツweb )


ラリーフォト

ラリー一覧を見る

©TOYOTA

©TOYOTA

©VolksWagen AG

©VolksWagen AG

©Volkswagen AG

©VolksWagen AG


©Redbull

©Hyundai

©Redbull

©Redbull

©LAT

©LAT


ラリーニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ