最新ニュース

京商、アドバンスステップ×アリスソフトと組みS耐参戦へ

2010.04.28

photo

©KYOSHO / ALICE SOFT

フォトギャラリー


photo

©KYOSHO

フォトギャラリー


他の写真も表示 全2枚最初の1枚

 模型メーカーの京商は28日、今季のスーパー耐久シリーズの終盤3戦に、昨年スーパーGT300クラスで初音ミク Studie GLAD BMW Z4を走らせていたアドバンスステップ、そしてゲームソフトメーカーのアリスソフトとコラボレーション、『KYOSHO アリスモータース』を結成し参戦すると明らかにした。

 昨年もKYOSYOメーカーズ岡部自動車RX-7としてST3クラスに参戦、シリーズを盛り上げた京商は、今季は『ホビーを愛する』という共通概念の下、幅広いコラボレーションを実現。新たな体制でスーパー耐久に登場することとなった。

 新たに結成される『KYOSHO アリスモータース』は、昨年までGT300で初音ミク Studie GLAD BMW Z4をプロデュースしていたアドバンスステップとコラボレート。星名功一代表率いるAS RACINGがランサー・エボリューションXを走らせ、田ヶ原章蔵/岡本武之/白坂卓也のトリオがこれをドライブする。

 また、最大の特徴であるマシンカラーリングは、ゲームソフトメーカーのアリスソフトとコラボレート。アリスソフトのデザイナー、MIN-NARAKEN氏がオリジナルキャラを書き起こし、マシンにカラーリングが施されるという。さらに、このプロジェクトには対戦型カードゲーム『リセ』、(株)コスパ、(株)キッズプレート、(有)ねこのしっぽ、(株)徳間書店、(有)アイズプロジェクト、(株)ワイエムジーワンなど多数の企業が参画。テーマソングも用意されるなど、ホビー界全体でのプロジェクトとなりそうだ。

 実際の参戦スケジュールとしては、5月13日の静岡ホビーショーでチームの概要を発表。ここではMIN-NARAKEN氏がデザインしたコスチュームをまとうレースクイーンも登場予定のほか、『リセ』のPRカードを数量限定で配布予定。6月から8月まではブラックのKYOSHOカラーでテスト走行とPRを実施し、スーパー耐久第6戦岡山からアリスソフトがデザインしたカラーリングに変わるという。

 京商によるラジコン化も実施されるとのことで、今回の『KYOSHO アリスモータース』はゲームファン、ホビーファン、そしてレースファンにとっても注目のプロジェクトになりそうだ。

(オートスポーツweb)


国内他フォト

国内他一覧を見る

©AUTOSPORTweb

©Yoshitaka Takahara

©Yoshitaka Takahara

©Yoshitaka Takahara

©Yoshitaka Takahara

©ENDLESS SPORTS


©AUTOSPORTweb

©AUTOSPORTweb

©HubAuto Racing

©HubAuto Racing

©HubAuto Racing

©AUTOSPORTweb


国内他ニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ