最新ニュース

VWエンジン、16年から全日本F3に供給開始

2015.12.17

 2016年シーズンから、全日本F3選手権にフォルクスワーゲンエンジンが供給されることになった。

 今シーズンはPETRONAS TEAM TOM’Sのニック・キャシディがチャンピオンに輝いた全日本F3。現在は、トヨタ、ホンダ、戸田レーシングの3社のエンジンが採用されているが、来季からは新たにフォルクスワーゲン・モータースポーツ製のエンジンが供給されることになった。

 VWエンジンは、F3ヨーロッパ選手権でメルセデスとシェアを分け合っており、今年のF3マカオGPでも10台がVWエンジンを搭載。F3ヨーロッパではランキング2位に入ったアントニオ・ジョバナッツィが、マカオGPでも2位に入ったチャールズ・レクラークがVWユーザーだった。

 全日本F3では、日本のコックス株式会社がサプライヤーとしてこのVWエンジンを供給。今回の発表の中では、どのチームがこのエンジンを採用するかまでは明かされていないものの、12月21日に鈴鹿サーキットで行われる全日本F3合同テストのエントリーリストを見てみると、B-Maxから参加する2台のエンジンがVW製となっている。

 VWエンジンの供給によって、全日本F3の勢力図がどのように変化していくことになるのか、今から楽しみなところだ。

(オートスポーツweb)


国内他フォト

国内他一覧を見る

©AUTOSPORTweb

©Yoshitaka Takahara

©Yoshitaka Takahara

©Yoshitaka Takahara

©Yoshitaka Takahara

©ENDLESS SPORTS


©AUTOSPORTweb

©AUTOSPORTweb

©HubAuto Racing

©HubAuto Racing

©HubAuto Racing

©AUTOSPORTweb


国内他ニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ