最新ニュース

中国No.1のワンリタイヤが日本市場に“参戦”

2016.01.15

photo

©AUTOSPORTweb

フォトギャラリー


photo

©AUTOSPORTweb

フォトギャラリー


photo

©AUTOSPORTweb

フォトギャラリー


photo

©AUTOSPORTweb

フォトギャラリー


photo

©AUTOSPORTweb

フォトギャラリー


他の写真も表示 全5枚最初の1枚

 中国の国有企業で国内ナンバーワンの売上を誇るワンリタイヤ(広州豊力ゴムタイヤ有限公司)がオートサロン2016でプレス発表を行い、2016年に日本への正式参入を目指し、さらに日本のモータースポーツへの参加計画があることを明らかにした。

 ワンリタイヤは中国国内で4000以上の販売店を持つ、中国ナンバーワンのタイヤメーカー。近年では米国、英国、オーストラリア、ベルギー、オランダなど世界各国で商標登録を済ませ、現在150の国や地域に製品を販売している。

 1月15日のオートサロンのプレスデーでワンリタイヤは日本初上陸を果たし、ブースを設置。そのブースで代表を務める陳董事長/党委員会書記は会見を行い、「世界に出るためには日本での販売は欠かせない」と日本での販売を正式発表した。

 具体的な時期や販売経路などはこれからとのことだが、ワンリタイヤは市販タイヤだけでなく、日本の国内モータースポーツにも注目している。まずはD1を足がかりにして、タイヤの供給、さらにはチーム運営などの検討も行っているという。将来的にはD1から他カテゴリーへの参加もありそうな気配だ。


 会見後、アジア担当ディレクター/チーフ・ブランドオフィサーのデビッド氏は「安さではなく、品質や安全性といった総合力がワンリタイヤの特長です。品質は日本のメーカーにも劣ってはいない。2020年の東京オリンピックまでには日本のタイヤ市場で3%を占めることが最初の販売目標です」と、自信を見せた。

 近年、モータースポーツ界、サーキットでのスポーツ走行では韓国系タイヤメーカーの評価が上がってきているが、そこに中国のワンりタイヤが加わり、既存の日本メーカーと3カ国がコンペティションになることは、大きな話題となるだけでなく、ファンにとっても盛り上がる要因のひとつとなる。

 果たして、ワンリタイヤの実力はいかほどなのか。モータースポーツで実際に競い合う日が、今から楽しみだ。

ワンリタイヤの詳細資料はこちら
http://wanli-autosalon.jp/

(オートスポーツweb)


国内他フォト

国内他一覧を見る

©AUTOSPORTweb

©Yoshitaka Takahara

©Yoshitaka Takahara

©Yoshitaka Takahara

©Yoshitaka Takahara

©ENDLESS SPORTS


©AUTOSPORTweb

©AUTOSPORTweb

©HubAuto Racing

©HubAuto Racing

©HubAuto Racing

©AUTOSPORTweb


国内他ニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ