最新ニュース

今季TDP育成ドラは4名に増加。平川はELMS挑戦

2016.02.04

photo

©LEXUS

フォトギャラリー


photo

©Toyota

フォトギャラリー


photo

©Toyota

フォトギャラリー


photo

©Takashi Ogasawara

フォトギャラリー


他の写真も表示 全4枚最初の1枚

 トヨタ自動車は4日、20156年のモータースポーツ活動体制を発表し、今季のTDP(トヨタ・ヤング・ドライバーズ・プログラム)育成ドライバーを明らかにした。平川亮、中山雄一、山下健太の3名が継続となり、昨年のFIA-F4選手権でチャンピオンを獲得した坪井翔が新たに選出されている。

 TDPは、日本や世界のトップカテゴリーで活躍できるレーシングドライバーの育成を目的としてトヨタが実施している若手育成プログラム。中嶋一貴や小林可夢偉、石浦宏明、平手晃平、大嶋和也、国本雄資という、今年も国内外のトップカテゴリーで活躍するドライバーたちもこのTDP出身だ。

 まず平川は、スーパーGT500クラスに引き続き参戦する一方、スーパーフォーミュラからは離れることとなり、代わってヨーロピアン・ル・マン・シリーズ(ELMS)に参戦することが発表された。ELMSは、LMP2クラスをトップカテゴリーとしてLMP3車両や、LM-GTE規定のマシンも参戦することができるヨーロッパの耐久シリーズだ。

 ELMSへの参戦チームに関してはTBD(未決定)となっているが、平川は自身のTwitterでLMP2クラスに参戦することを明らかにしている。シリーズのエントリーリストが5日にパリで発表されるため、これによって平川がどのチームから参戦するのか判明する可能性はありそうだ。

 中山は引き続きGT300クラス、そしてスーパーフォーミュラにフル参戦するほか、山下もトムスから全日本F3選手権に参戦する。そして坪井は、山下のチームメイトとしてチームトムスから全日本F3を戦うこととなった。

 なお、ドライバー育成プログラムの一環として、今年もFTRS(フォーミュラ・トヨタ・レーシングスクール)が実施される(日程は未定)。このFTRSは、将来のトップドライバーの発掘・育成を行うとともに、将来性の見込めるドライバーには翌年以降のレース参戦の支援も実施する。

(オートスポーツweb)


国内他フォト

国内他一覧を見る

©AUTOSPORTweb

©Yoshitaka Takahara

©Yoshitaka Takahara

©Yoshitaka Takahara

©Yoshitaka Takahara

©ENDLESS SPORTS


©AUTOSPORTweb

©AUTOSPORTweb

©HubAuto Racing

©HubAuto Racing

©HubAuto Racing

©AUTOSPORTweb


国内他ニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ