最新ニュース

日台コラボのHubAutoがS耐にフェラーリ488投入

2016.03.08

photo

©HubAuto Racing

フォトギャラリー


photo

©HubAuto Racing

フォトギャラリー


photo

©HubAuto Racing

フォトギャラリー


他の写真も表示 全3枚最初の1枚

 2016年からスーパー耐久のST-Xクラスに参戦することになったHubAuto Racingは8日、今季参戦体制を発表した。まだデリバリーが少ない新GT3カーのフェラーリ488 GT3を投入し、充実のドライバーラインアップで戦いを挑む。

 HubAutoは、台湾の台北に本拠を置くスーパースポーツカーのディーラー。モータースポーツに積極的に参戦しており、GTアジアやアジアン・ル・マンなどで着実にその印象を残しているが、ついにスーパー耐久にも挑むことになった。

 チーム名は『HubAuto Racing』で、昨年お披露目されたばかりの最新GT3カー、フェラーリ488 GT3を投入。すでにマシンはフィオラノでシェイクダウンされ、台湾に到着している。マシンはイエローとシルバー、ブラック、パープルというカラーリングに彩られることになる。

 ドライバーには、HubAutoのモーリス・チェンをAドライバーとして迎え、吉本大樹、坂本祐也というGT300のトップドライバーがサポートする。開幕戦の第4ドライバーには、アジアン・ル・マンでも実績を残すオリー・ミルロイが加わる。近年のスーパー耐久ではアマチュアが必ず参加しなければならず、その分プロに要求されるものも多くなっている。ドライバーたちを束ねるのは、スーパーGTでもお馴染みの小林敬一監督だ。

 また、メンテナンス体制も強力なものが敷かれているとのことで、初年度からトップを狙う実力は間違いなくありそう。今回の体制構築には吉本が関わっており、「想像していた以上にいろいろな苦労はあったものの、たくさんの方々にも助けていただき、発表にこぎつけることができました」と語る。

 Aドライバーを務めるモーリス・チェンは「私にとって日本のシリーズ戦にフル参戦するのは今回が初めてとなります。スーパー耐久シリーズに参戦することを非常に楽しみにしています」とS耐参戦への期待を語った。

「トップレベルのクルーと最先端のレーシングマシン、日本人プロドライバーの吉本選手、坂本選手、そしてイギリス人プロドライバーのオリー選手とともに戦えることを誇りに思います」

 外国車はもちろん、日本車の人気も高い台湾は近年モータースポーツが盛んで、アジア圏でもトップクラスの実力をもつチームを続々と構成している一方、ハイレベルな日本のチームやドライバーと交流し、多くを学ぼうとしている。今回のHubAutoの参戦も、アジアとの交流という意味で非常に注目度が高い。フェラーリのポテンシャルとともに、実戦が大いに楽しみなチームだ。

(Ryuji Hirano / オートスポーツweb)


国内他フォト

国内他一覧を見る

©AUTOSPORTweb

©Yoshitaka Takahara

©Yoshitaka Takahara

©Yoshitaka Takahara

©Yoshitaka Takahara

©ENDLESS SPORTS


©AUTOSPORTweb

©AUTOSPORTweb

©HubAuto Racing

©HubAuto Racing

©HubAuto Racing

©AUTOSPORTweb


国内他ニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ