最新ニュース

IRL、2012年からの新シャシーの概要を発表 ダラーラがコンセプトカーで名乗り

2010.02.05

photo

©Dallara

フォトギャラリー


photo

©Dallara

フォトギャラリー


photo

©Dallara

フォトギャラリー


photo

©Dallara

フォトギャラリー


photo

©Dallara

フォトギャラリー


他の写真も表示 全5枚最初の1枚

 IRLインディカー・シリーズは4日、2012年からのIZODインディカー・シリーズのシャシー概要を発表し、現在の半分のコストのシャシー製作をダラーラ、デルタ・ウイング、ローラ、スウィフトと協議中であると明らかにした。

 2003年以降、インディカー・シリーズのシャシーはダラーラとパノスGフォースが使われてきたが、現在では独占的にダラーラが供給している。IRLでは、2012年のデビューを目標に新たなシャシー製作を4つのコンストラクターと協議。コンストラクターに要求される内容とは、以下の通りだという。

●安全性:新シャシーは、現在IRLが調査している新技術を含め、定めているすべての安全基準を満たさなければならない。

●バトルの増加:新シャシーはトラック上で他車の乱気流に影響されにくく、IZODインディカー・シリーズにふさわしいバトルを生じさせ続けなければならない。

●費用対効果の向上:IRLでは、IZODインディカー・シリーズの参加チームのコストを下げ続けることに取り組んでいる。新シャシーは、その目標を達成する統一小売価格を持っていなければならない。

●アメリカ製であること:新シャシーは、アメリカ国内(インディアナポリス周辺が望ましい)の施設で製作されなければならない。

●車両重量の軽減:空力的に効率が高く、より軽量なシャシーを作らなければならない。

●市販車への関連性:IRLでは、将来の市販車に関連するような、レーストラックで生まれ、市販車に還元できるような革新的なテクノロジーを望む。

●モダンな外観:一瞥して判別がつくような分かりやすい外観と、多くのスポンサーロゴが掲載できるスペースを作る。

●環境への取り組み:IRLは、レースの環境への取り組みにおいて世界をリードしている。リーダーとしての位置を保てるよう新シャシーにも望む。

 IRL代表のブライアン・バーンハートは、今回の発表について「我々は昨年来、4つのコンストラクターと協議を進めてきた。新シャシーはインディアナポリスで時速235マイルでクラッシュしてもドライバーと観客を保護し、スーパースピードウェイでもロードコースでも高い性能を発揮しなければならない」と語る。

「我々のドライバーたちは、高いリスクを負いながら戦っている。次世代のマシンは最高の安全性能を持たなければならない。そして、パーツの価格設定とアメリカ国内のネットワークを使用し、通貨の価格変動に左右されないためにも、アメリカ国内での製造を定めた」

 これに対し、現在シャシーを供給しているダラーラは、早々に3案のコンセプトモデルを公開。インディアナポリスでのシャシー製造も含め、すべての条件を満たしているという。

投票受付中! 未来のインディカーに相応しいのはどのメーカー?

(オートスポーツweb)


海外フォーミュラフォト

海外フォーミュラ一覧を見る

©INDYCAR

©LAT

©LAT

©LAT

©LAT

©LAT


©LAT

©LAT

©LAT

©LAT

©LAT

©LAT


海外フォーミュラニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ