最新ニュース

KVRT、来季シボレーにスイッチ。琢磨の去就は!?

2011.11.03

 IZODインディカー・シリーズに参戦するKVレーシングは、2012年のシリーズに向けて新たにシボレーエンジンを使用すると明らかにした。

 2012年からインディカー・シリーズは、新しいシャシーの導入と新エンジンマニュファクチャラーであるシボレー、ロータスの参入など新たな要素に注目が集まっていたが、今季佐藤琢磨/トニー・カナーン/EJビソを擁し戦っていたKVレーシングが、ペンスキー、アンドレッティ・オートスポーツに次ぐシボレー使用チームとして名乗りを上げることとなった。

「2012年のインディカー・シリーズに向けて、KVレーシング・テクノロジーがシボレーエンジンを使用して戦うことになったことを喜んで発表したい」とチーム共同オーナーのケビン・カルコーベンは語る。

「シボレーはモータースポーツ界において、革新的な成功の歴史がある。我々はその伝統を引き継ぐことができて嬉しく思う」

 また、同じく共同オーナーのジミー・バッサーは「シボレーがインディカーに戻ってくることに興奮しているし、彼らと戦うことができて嬉しく思う」と語る。

「僕は長いシボレーの歴史があるんだ。僕の最初のクルマは1969年式のカマロだったし、1993年のフェニックスで最初の表彰台をシボレーエンジンで挙げた。そして今はシボレーのディーラーなんだからね」とバッサー。

 KVレーシング・テクノロジーは、2010年からロータス・カーズとパートナーとなり、そのロータス・カーズは来季エンジン供給に名乗りを上げていたが、マイケル・シャンクスのグループが運営を担当すること以外まだ決まっていない。来季に向けてKVレーシングとは方向性が異なることになるのか注目が集まる。

 また、昨年のインディカー・シリーズデビュー以来チームとともに戦っていた佐藤琢磨もホンダとの関係が深く、琢磨の去就も気になるところだ。

(オートスポーツweb)


海外フォーミュラフォト

海外フォーミュラ一覧を見る

©INDYCAR

©LAT

©LAT

©LAT

©LAT

©LAT


©LAT

©LAT

©LAT

©LAT

©LAT

©LAT


海外フォーミュラニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ