最新ニュース

ジャック・ビルヌーブ、今季のインディ500に参戦

2014.02.27

photo

©Indycar / Chris Jones

フォトギャラリー


photo

©LAT

フォトギャラリー


photo

©INDYCAR

フォトギャラリー


photo

©LAT

フォトギャラリー


photo

©LAT

フォトギャラリー


他の写真も表示 全5枚最初の1枚

 1997年のF1ワールドチャンピオンで、1995年にインディ500で優勝を飾ったジャック・ビルヌーブが、今季のインディ500にシュミット・ピーターソン・モータースポーツから参戦することになった。

 伝説のF1ドライバーであるジル・ビルヌーブの息子であり、F1でウイリアムズやBAR等で活躍したビルヌーブは、今年42歳。F1から退いた後はル・マン24時間に参戦したり、アメリカでNASCARに参戦したり、オーストラリアV8スーパーカーに出場したりとさまざまな活動を行い、F1のテレビ解説等も務める一方、今季は新たにラリークロスにも挑戦することが明らかにされていた。

 そんな中、ビルヌーブとシュミット・ピーターソン・モータースポーツは26日に記者会見を開き、ビルヌーブが今季のインディ500に参戦すると発表した。ビルヌーブのシングルシーターへの復帰は、BMWザウバーから参戦した2006年F1ドイツGP以来となる。また、インディ500への復帰は優勝した95年以来だ。

 ひさびさのインディ復帰となるビルヌーブは、その理由について「いくつか理由はあるよ」と語った。


「まず、この話は(シュミット・ピーターソンの共同オーナー)サム・シュミットからあったんだ。最初に話があったのは2〜3週間前だから、すごく最近なんだ。そこから話は一気に進んだね。昨年インディカーを見て、新車になってからすごくエキサイティングだと感じたんだ。そして、そこに嫉妬を感じたし、レースをしていない自分に怒りが湧いたんだ」とビルヌーブ。

「僕は95年以来インディカーから離れて、F1の世界にいた。そこからNASCARに出たり、オーストラリアに行ったりと違う場所にいた。でも、インディに戻ろうとは思わなかったんだ。しばらくインディカーは"暗黒の時代"が続いていたからね」

「でも、今はかつての栄光の時代がまた戻ってきていると思う。レースはエキサイティングになり、ドライバーも毎年すばらしいメンバーになっている。今まで幸運にも世界的なレベルのレースを戦ってきたけど、今のインディカーほど僕を興奮させることはないよ」


 

(オートスポーツweb)


海外フォーミュラフォト

海外フォーミュラ一覧を見る

©INDYCAR

©LAT

©LAT

©LAT

©LAT

©LAT


©LAT

©LAT

©LAT

©LAT

©LAT

©LAT


海外フォーミュラニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ