最新ニュース

FE、トゥルーリチームのシリーズ撤退を正式発表

2015.12.15

photo

©LAT

フォトギャラリー


 フォーミュラEはトゥルーリ・フォーミュラEチームが同シリーズから撤退すると正式に発表。フォーミュラEのCEOを務めるアレハンドロ・アガグはトゥルーリが再びフォーミュラEへ戻ってくることを期待しているとコメントした。

 トゥルーリ・フォーミュラEチームは、オフシーズンのテストで僅か数周しか走ることができず、開幕戦北京ePrixにはマシンを北京に持ち込んだものの、中国の税関で主要パーツが没収されレースを欠場。第2戦プトラジャヤePrixも車検を通過できずに欠場していた。

 また、11日には今週末の第3戦プンタ・デル・エステePrixも欠場し、シリーズへのエントリーも取り消すと報じられていた。トゥルーリ・フォーミュラEチームの撤退により、今季のフォーミュラEは全9チーム、18台で争われる。

 英AUTOSPORT.comの取材に対し、アガグは今回の撤退に関してトゥルーリを責めるつもりはないと応じている。

「(トゥルーリの撤退は)とても悲しい。ヤルノはフォーミュラEにとって貴重な存在だった。本当に素晴らしい人物だし、チームマネージャーのルシオ(・カブート)とも何年も前から知り合いなんだ。電気自動車レースというプロジェクトを早い段階からサポートしてくれていたからね」

「今回の撤退は彼らのせいではない。テクノロジーサプライヤーが供給すべきものを供給できなかったことが原因だ。ヤルノとは再びフォーミュラEで会えると信じている。今後も連絡は取るつもりだし、常にドアはオープンにしているよ」

 トゥルーリ・フォーミュラEチームのCEO、フランセスコ・テストは「北京とプトラジャヤで車検を通過できなかったことに加え、フォーミュラEホールディングスと結んでいる商業契約も考慮すると、シリーズから撤退せざるを得なかった」とコメントしている。

「シリーズを発展させ電気自動車の技術を向上させるためにも、フォーミュラEを支援する大手メーカーには新たな企業が参戦する余地を残しておいてもらいたい」

(オートスポーツweb )


海外フォーミュラフォト

海外フォーミュラ一覧を見る

©INDYCAR

©LAT

©LAT

©LAT

©LAT

©LAT


©LAT

©LAT

©LAT

©LAT

©LAT

©LAT


海外フォーミュラニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ