最新ニュース

デイル・コイン、2016年はコナー・デイリーを起用

2015.12.16

 インディカー・シリーズに参戦するデイル・コイン・レーシングが、2016年のドライバーラインアップを発表。コーナー・デイリーをレギュラードライバーに迎え、インディアナポリス500ではデイリーとダートトラックのスター、ブライアン・クラウソンを起用する。

 元F1ドライバーでインディカーでも活躍したデレック・デイリーの息子コナー・デイリーは、インディライツやGP3で勝利を挙げ、GP2と着実にステップアップ。F1のレギュラードライバーには届かなかったが、アメリカ生まれのコナーは幼いころからの夢であるインディカーフル参戦を目指し、2013年に佐藤琢磨のチームメイトとしてインディ500でインディカーデビューを果たした。

 2015年はスポーツカーに参戦しながらインディカーのシートを模索。ロングビーチ戦ではロッキー・モランJr.の代わりにデイル・コインから急遽参戦し、インディ500ではシュミット・ピーターソン・モータースポーツから出場を果たした。さらに怪我をしたジェームズ・ヒンチクリフの代役として3戦の合計5戦に出場。デトロイト戦レース2では、6位という成績を残し、来季インディカーのレギュラーシートを手に入れることとなった。

 来週、デイル・コインの18号車でテストをスタートするデイリーは、「考えるとおかしくなりそうだよ。生まれてからずっとインディカー・レースと共にいた。このグループの一部になれて最高だ。夢が叶ったよ。信じられない機会だし、誰もが狙っているからね」とコメント。

 デイル・コイン・レーシングは、もう一台フルタイムエントリーさせる予定で、今年100回目を迎えるインディ500ではピッパ・マンと、ミジェットカーなどで活躍するブライアン・クラウソンを起用するようだ。

 2015年は、ジョナサン・バード・レーシングの下、KVレーシングからインディ500にエントリーしたクラウソンはインディアナポリス・モータースピードウェイについて、「レースドライバーにとってディズニーランドみたいなものさ。地球上で最も幸せでクールな場所なんだ」と語っている。

(オートスポーツweb )


海外フォーミュラフォト

海外フォーミュラ一覧を見る

©INDYCAR

©LAT

©LAT

©LAT

©LAT

©LAT


©LAT

©LAT

©LAT

©LAT

©LAT

©LAT


海外フォーミュラニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ