最新ニュース

フォーミュラE、2016/17年に中東での開催を検討

2016.01.07

photo

©LAT

フォトギャラリー


 フォーミュラEは2016/17年に行われる第3シーズンに中東でのレース開催を検討しているほか、開催スケジュールを3月中にも決定したいと望んでいる。

 フォーミュラEは第5シーズンまでに年15戦から16戦を開催することを目標に、2016/17年シーズンでは今季より2レース多い全12戦を開催するとみられている。すでに香港ePrixの開催が決定しているほか、モントリオール、オーストラリアもカレンダー入りに向けた交渉を進めていると報じられている。また、バーレーンやカタール、アラブ首長国連邦といった中東諸国は過去10年間でF1や世界耐久選手権(WEC)、MotoGPといったトップクラスのレースを開催し、成功を収めている。

 フォーミュラEのアレハンドロ・アガグCEOは、来シーズンにより多くのレースを開催する可能性は「極めて高い」とコメントしている。

「中東のいくつかの都市と協議している。またアジアとヨーロッパでも議論を進めている」

「毎年カレンダーを一新するようなことは望んでいない。ただ、新たな開催地が2ヵ所程度加わるのは歓迎だよ」

 フォーミュラEの2016/17年カレンダーは現在策定が進められており、第2シーズンのレースを開催する北京、プトラジャヤ、プンタ・デル・エステ、ブエノスアイレス、メキシコシティ、ロングビーチ、パリ、ベルリン、モスクワ、ロンドンでは継続開催が見込まれている。

 アガグは第3シーズンの開幕戦前までに、最終的な開催スケジュールを発表したいとも述べ、「可能であれば3月末までに決定したい」と明かした。フォーミュラE第2シーズンの開催カレンダーは、開幕戦北京ePrix後に第5戦の開催地が決定するなど、スケジュールの遅れが目立っていた。

(オートスポーツweb )


海外フォーミュラフォト

海外フォーミュラ一覧を見る

©INDYCAR

©LAT

©LAT

©LAT

©LAT

©LAT


©LAT

©LAT

©LAT

©LAT

©LAT

©LAT


海外フォーミュラニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ