最新ニュース

ハンター-レイ、今季のホンダ復活に確信

2016.01.11

photo

©LAT

フォトギャラリー


 インディカー・シリーズにアンドレッティ・オートスポートから参戦する元チャンピオンのライアン・ハンター-レイは、ホンダがエアロキットの改善にしっかりと取り組んでくれると期待している。

 2015年から導入されたエアロキットは、2012年から使用しているダラーラDW12のエアロパッケージをホンダ・シボレーが各々開発。各エンジンマニュファクチャラーの使用チームが、それぞれのエアロキットを使用しレースを行っており、2016年からはそのキットの開発をチームごとで出来るようになる。

 導入1年目はシボレーユーザーが16戦で10勝を挙げ、全戦でポールポジションを獲得。タイトルもシボレーユーザーであるチップ・ガナッシ・レーシングのスコット・ディクソンが獲得するなどホンダユーザーとの差を見せた。このギャップを埋めるため、インディカーは救済措置を取り、このオフシーズンにホンダがエアロキットを開発することを許している。

 ホンダのエアロキット開発を務めたアンドレッティ・オートスポートだったが、昨シーズン前半はグリップを得るのに苦戦。しかし、後半は巻き返し、ハンター-レイは2勝を挙げる活躍を見せた。彼は、2016年はホンダチームにとって良いスタートが切れると期待している。

「正しい方向に向かっているし、2016年はより競争力を持てると思うよ。スーパースピードウェイのエアロパッケージは2015年と同様のものになると思うが、ロード/ストリートやショートオーバルのパッケージは、大きく前進したものになる。もちろん、ホンダがスーパースピードウェイ用エアロにもしっかりと取り組んでいることを知っているよ」とハンター-レイ。

「始まりに苦労したよ。僕たちは、ロードでもオーバルでも常に後方で、新しいパッケージのスイートスポットにヒットできなかった。頭を抑え続けられていたが、シーズン終盤には強く仕上げることができ、アイオワとポコノで勝利を挙げ、最終戦ソノマでも2位を獲得できた。自分たちの戦いぶりを振り返ると誇りに思う。最悪のシーズンと嘆きひれ伏すのは簡単だったからね。僕たちが信じ、示してきた場所に戻ることに必死だったんだ」とコメントしている。

(オートスポーツweb )


海外フォーミュラフォト

海外フォーミュラ一覧を見る

©INDYCAR

©LAT

©LAT

©LAT

©LAT

©LAT


©LAT

©LAT

©LAT

©LAT

©LAT

©LAT


海外フォーミュラニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ