最新ニュース

アグリFE、ダ・コスタに代わる“経験者”を模索

2016.01.11

photo

©LAT

フォトギャラリー


 フォーミュラEに参戦しているチーム・アグリは、DTMドイツツーリングカー選手権とのバッティングによって2戦を欠場することになりそうなアントニオ・フェリックス・ダ・コスタの代役として、シリーズ参戦経験をもつドライバーを模索している。

 過去2年間、フォーミュラEとDTMを戦ってきたダ・コスタは、今年もBMWに残留するとともに、引き続きチーム・アグリからFEに参戦している。そして今年は、5月のFEベルリン戦とDTMレッドブルリンク戦、そして8月のFEモスクワ戦とDTMラウジッツリンク戦がそれぞれバッティングしており、その際の“代役”が必要となる。

 チームボスのマーク・プレンストンは、かつてチームからFEに参戦した経験をもつ山本左近やサルバドール・デュランの名前も挙げながら、シリーズ参戦経験のあるドライバーを求めているのだと話す。

「誰か別のドライバーになるかもしれない。左近やサルバドールのようなドライバーの利点は、マシンをドライブしたことがあるということだ」とプレンストン。

「これらのクルマにいきなり誰かを乗せたいとは思わないはずだ。経験のあるドライバーがベストだが、まだ我々もこのことを真剣には考えてはいないんだ」

 FEチームは、マシン1台につきふたりまでの交代が各シーズンとも認められている。ただ、シリーズ終盤3戦は一切のドライバー変更が禁止されることとなっており、ベルリン戦とモスクワ戦はそれぞれ第8戦と第9戦となっている。不可抗力の場合はこうした制限を受けずにドライバーを変更することができるが、その決定は選手権のスチュワードに委ねられている。

 ただし、仮にベルリン戦の日程が変更となれば、ダ・コスタはバッティングのひとつは回避できる可能性がある。ベルリン市内のテンペルホーフ空港で開催される予定だったこのレースだが、ドイツ政府が難民向けに空港のハンガーを貸し出しており、空港の使用は不可能に。そのため、現在ドイツ内で代替の開催地が模索されている状況だ。

(オートスポーツweb )


海外フォーミュラフォト

海外フォーミュラ一覧を見る

©INDYCAR

©LAT

©LAT

©LAT

©LAT

©LAT


©LAT

©LAT

©LAT

©LAT

©LAT

©LAT


海外フォーミュラニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ