最新ニュース

FE第7戦はパリ中心街で開催。コース図発表

2016.01.14

photo

©Formula E

フォトギャラリー


 4月23日に開催予定のフォーミュラE第7戦パリePrixのコース概要が発表された。

 2014年にスタートしたフォーミュラE。第2シーズンとなる今季は、遂にパリの市街地でのレースも行われることになる。そのコースは、ナポレオンの墓があるドーム教会や軍事博物館、そしてアンヴァリッドの周囲を回る、14のコーナーからなる1周1.93km。周辺にはロダン美術館や国会議事堂が点在し、セーヌ川も近い。さらにセーヌ川を渡った対岸すぐの所には、FIAの本部があるコンコルド広場があり、シャンゼリゼ通りを通れば凱旋門も間近。まさにパリの中心街で行われることなる。

 フォーミュラEのCEOであるアレハンドロ・アガグは「この様な素晴らしいロケーションでレースができるということは、非常に幸運なことだ。フランスは、FIAの本拠地があるということもあり、非常に重要なマーケットである。もちろん、タイヤを供給しているミシュランや、チームに関わっているDSおよびルノーの母国でもある」と語った。

 また、FIA会長のジャン・トッドは、FIAとしてはパリの中心部でフォーミュラEが行われることを、“特に”喜んでいると語っている。

「アンヴァリッドを背景にして、フォーミュラEが走るという光景が、このモータースポーツイベントを世界に印象付けるのは間違いないだろう」

 フォーミュラE第7戦パリePrixは、4月23日にフリー走行〜予選〜決勝の全セッションが行われる予定だ。

(オートスポーツweb)


海外フォーミュラフォト

海外フォーミュラ一覧を見る

©INDYCAR

©LAT

©LAT

©LAT

©LAT

©LAT


©LAT

©LAT

©LAT

©LAT

©LAT

©LAT


海外フォーミュラニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ