最新ニュース

インディ参戦のチルトン「僕のペースは予想外」

2016.02.15

photo

©INDYCAR

フォトギャラリー


 今シーズン、チップ・ガナッシ・レーシングからインディカー・シリーズにデビューするマックス・チルトンがチームの一員として初めてインディカーのテストに参加。自分のペースが予想以上に速かったのが意外だったと感想を述べ、手応えを感じている。

 F1でマルシャに乗り、日産LMP1プロジェクトにも加わったチルトンは、カーリンのアメリカ・プロジェクトに携わり、昨年インディ・ライツに参戦。2016年はガナッシの4人目のドライバーとしてシリーズにフル参戦が決定した。

 チームは、2月10日にソノマ・レースウェイでテスト・セッションを実施。チルトンは今季ともに戦うシボレー・エンジン搭載のインディカー・マシンを初めてドライブした。
「ちょっと意外だったね」と、チルトン。

「もう6カ月近くレーシングカーに乗っていなかったし、最後に乗ったのはインディ・ライツだったから、今日はまずコースとマシンを学ぶ必要があった。だけど、午前中はあらゆることがスイスイと順調に進んだ。自分で予想していたよりも速く走れたよ。とても良い印象を受けた。これでシーズンを戦うのが待ちきれない気分だね」

 この日、ソノマでのテストに参加したのは、チームメイトのスコット・ディクソン、トニー・カナーン、チャーリー・キンボール、そしてライバルチームであるチーム・ペンスキーのエリオ・カストロネベス、サイモン・ペジナウの合計6人だ。

 現チャンピオンのディクソンは、今回のテストについてこう語っている。

「実際にコースを走れる時間はいつだって貴重だ。テストの日数は限られているから、たとえば2016年の新しいブレーキやエアロパーツのチェック、エンジンのマッピングなど、やるべきことのリストは長大なものになっている。チームとして答えを探している疑問点がたくさんあるんだ。ここで1週間すごしたとしても、リストの最後まではたどり着けないだろうね。でも、またソノマを走ることができれうれしいよ」

 3月11~13日にセント・ピーターズバーグで開幕戦が行われるインディカー。ルーキーのチルトンは、2月22日にセブリング・インターナショナル・レースウェイでテストを行い、3月2日の合同テストにも参加する予定だ。

(Translation:Kenji Mizugaki/オートスポーツweb )


海外フォーミュラフォト

海外フォーミュラ一覧を見る

©INDYCAR

©LAT

©LAT

©LAT

©LAT

©LAT


©LAT

©LAT

©LAT

©LAT

©LAT

©LAT


海外フォーミュラニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ