最新ニュース

インディ開幕戦:予選はペンスキー勢がTOP4独占

2016.03.13

photo

©INDYCAR

フォトギャラリー


photo

©LAT

フォトギャラリー


photo

©INDYCAR

フォトギャラリー


photo

©INDYCAR

フォトギャラリー


photo

©INDYCAR

フォトギャラリー


他の写真も表示 全5枚最初の1枚

 インディカー・シリーズの開幕戦がセント・ピーターズバーグで開催。12日に行われた予選では、ウィル・パワーがポールポジションを獲得。サイモン・ペジナウ、エリオ・カストロネベス、ファン-パブロ・モントーヤと続き、チーム・ペンスキーがライバルを圧倒する速さを見せた。

 予選前のプラクティスでもパワーがトップタイムをマーク。順調にマシンセッティングを進め予選に挑んだ。

 ふたつのセッションを経て、ポールを争うファイアストン・ファスト・シックスに進んだのは、ペンスキーの4人と昨年の王者スコット・ディクソン(チップ・ガナッシ)、ホンダ勢のライアン・ハンター-レイ(アンドレッティ・オートスポート)の6人。

 ファスト・シックスでもパワーの速さは衰えを知らず、チームメイトのペジナウが出したタイムを0.1971秒上回り、セント・ピーターズバーグで6回目、通算43回目のポールポジションを獲得した。

 セグメント2では2番手のタイムを記録していたディクソンだったが、ペンスキー勢を攻略できず5番手、ハンター-レイは6番手となった。

「今日は素晴らしい走りができた。このセント・ピーターズバーグに再び来て、新しい見栄えのクルマでポールを獲得できてとてもいい気分さ」

「残念なことに、一日中かなり具合が悪いと感じていて、予選を通してそれと戦っていた。ベライゾンP1ポールアワードの後、ちょうど気分が悪くなり記者会見を行えなかった。申し訳ない。今日のクルマはとても素晴らしかった。今夜は良く休んで、明日のレースに備えたいね」とパワー。

 プラクティスで好調だったAJフォイトは、ジャック・ホークスワースが10番手、佐藤琢磨が11番手に付けている。

(オートスポーツweb)


海外フォーミュラフォト

海外フォーミュラ一覧を見る

©INDYCAR

©LAT

©LAT

©LAT

©LAT

©LAT


©LAT

©LAT

©LAT

©LAT

©LAT

©LAT


海外フォーミュラニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ