最新ニュース

WTCC「日本は重要な場所」ホンダの参戦を喜ぶ

2012.02.07

 WTCC世界ツーリングカー選手権を運営するKSOの代表を務めるマルチェロ・ロッティは、2012年からホンダがWTCCにワークス参戦することについて、WTCCが目指す「究極のゴール」を達成したと喜びを語っている。

 ホンダは3日、2012年のモータースポーツ活動を発表した際に、2012年の鈴鹿ラウンドと2013年からのフル参戦を目指し、WTCCに参戦を決定したと明らかにした。マシンはヨーロッパで販売されている新型5ドアシビックで、本田技術研究所が開発した1.6リッター直噴ターボをM-TECが製作、車体開発とチームオペレーションはイタリアのヤス・モータースポーツが担う。

 WTCCに2011年までワークス体制として参戦しているのはシボレーのみだが、ホンダの参入、そして今季2戦の参戦を予定しているロシアのラーダ、さらにもしセアトがワークスでレースに参加するのであれば、これはWTCCにとって大きな刺激になるとロッティは語っている。

「個人的にもこの報せは非常にハッピーだ。以前から私は日本に大きなプライオリティを置いているからね」とロッティ。

「我々は2008年からなんとか日本でレースを開催することができ、そして日本のファンにもとてもポピュラーになったと思っている。しかし、我々にとっての究極のゴールは、日本のメーカーが参入してくれることだった」

「今回ホンダの参戦発表によって、夢が実現されることになった。モータースポーツの世界において、ホンダは望みうる最高のブランドだ」

 WTCCの世界では、ホンダはワークス体制ではないものの、Nテクノロジーの手により2008年までアコードで参戦。08年のイモラではジェームス・トンプソンの手により優勝を飾っている。

(オートスポーツweb)


海外ツーリングカーフォト

海外ツーリングカー一覧を見る

©AUDI AG

©BMW AG

©DTM

©DTM

©LAT

©LAT


©LAT

©LAT

©LAT

©TCR Series

©Volkswagen AG

©Volkswagen AG


海外ツーリングカーニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ