最新ニュース

ホンダ、14年シビックWTCCのカラーリングを公開

2014.03.04

 ホンダは4日、今季WTCC世界ツーリングカー選手権に参戦するシビックWTCCのカラーリングを公開した。

 WTCCでは今季からレギュレーションが改訂され、ワイドなオーバーフェンダーや大型のリヤウイングの装着が認められるほか、マクファーソンストラットのサスペンション形式や18インチタイヤ(昨年までは17インチ)の新採用、リストリクター径の拡大によるパワー向上など、大きな変貌の年となる。

 そんな今季のWTCCには、昨年マニュファクチャラーズタイトルを獲得したホンダをはじめ、引き続きワークス体制で挑むロシアのラーダ、新たに参入するシトロエンのほか、13年チャンピオンマシンとなったシボレー・クルーズもRMLがオリジナルに製作する新型車両をカスタマーチームに供給する。

 すでにホンダはシビックWTCCの2014年バージョンのテストを開始しており、シトロエンとも共同でテストを実施していたが、公開されていた画像はカモフラージュ模様となっており、マシンの全容は分かりづらいものとなっていた。

 そんな中、4日からスタートするジュネーブショーに合わせ、ホンダはメインスポンサーであるカストロールカラーのシビックWTCCの画像を公開した。おなじみのグリーン、レッド、ホワイトのカラーリングの基調は変わらないが、昨年からはやや塗り分けのパターンが変化している。

 今季のWTCC開幕戦は、4月12日〜13日にモロッコのマラケシュで迎える。

(オートスポーツweb)


海外ツーリングカーフォト

海外ツーリングカー一覧を見る

©AUDI AG

©BMW AG

©DTM

©DTM

©LAT

©LAT


©LAT

©LAT

©LAT

©TCR Series

©Volkswagen AG

©Volkswagen AG


海外ツーリングカーニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ