最新ニュース

NASCAR:ブッシュ歓喜。トヨタに初王座もたらす

2015.11.24

 NASCARスプリントカップ・シリーズは22日、ホームステッド・マイアミ・スピードウェイで今季最終戦となる第36戦の決勝レースが行われ、カイル・ブッシュ(トヨタ・カムリ)が優勝。カップ・シリーズで自身初のタイトルを獲得するとともに、トヨタ陣営にとっても初のシリーズ制覇となった。

 終盤10戦で争われるチャンピオン決定戦“チェイス”。残り10戦の時点で16名に絞られたチャンピオン候補者たちは、3戦ごとに下位4名が脱落していき、今回のホームステッド戦にタイトルの権利を残して挑んだのは、ブッシュ、ケビン・ハービック(シボレーSS)、ジェフ・ゴードン(シボレーSS)、そしてマーティン・トゥルークスJr.の4人。この中で最上位につけたドライバーがチャンピオンという条件で、ホームステッド戦を迎えた。

 20日に行われた予選では、デニー・ハムリン(トヨタ・カムリ)がポールポジションを獲得。2番手にジョーイ・ロガーノ(フォード・フュージョン)、そしてブッシュが3番手に続き、タイトルコンテンダーの中では予選最上位につけた。

 降雨により1時間30分ほどディレイしてスタートした267周の決勝レース。ブッシュは序盤から上位を走行し、ゴードン、そしてディフェンディングチャンピオンのハービックとバトルを展開する。その後、ゴードンはポジションを落としていくこととなったが、ブッシュとハービックは最後まで上位でバトルを続けていった。

 ブッシュは残り14周の時点で3位につけ、4位のハービックには9秒ほどの差をつけていたが、残り11周でイエローコーションに。各車ともピットへ向かい、ブッシュが2番手、そしてそのすぐ背後の4番手にハービックという並びで、残り7周のリスタートとなった。ブッシュはここで首位に躍り出ると、ハービックも負けじと2番手続く。しかし、ペースに勝るブッシュが徐々に差を広げていき、トップでチェッカーを受けた。


「信じられない! ついに人生の夢が叶った」と喜びを語ったブッシュ。彼は今シーズン、エクスフィニティ・シリーズの開幕戦でクラッシュし負傷。スプリントカップでも、開幕戦から第11戦まで欠場することとなった。しかし、復帰後のシーズン中盤には、第16戦から第20戦の5戦で4勝を飾るなど驚異的なリザルトを残し、その後、チェイス進出に必要なランキング30位以内という条件もクリア。サバイバルのチェイスで勝ち残り、デビューから12年目にして悲願の初王座を獲得した。また、2007年からシリーズに参戦しているトヨタにとっては、参戦9年目の初戴冠となった。

「今年は様々なことがあったけど、妻、そして支えてくれた全ての人たちとともに戦い続けてきた。このタイトルはその全ての人たちのおかげだ。本当に長かった。今夜の僕たちのマシンは本当に速かった。トヨタ、クルーチーフ、スポンサー、そしてファンの皆さんに感謝したい。最高だ。夢が叶ったよ」

 レースでの2位にはハービックが入り、惜しくもシリーズ2連覇はならず。3位にブラッド・ケゼロウスキー(フォード・フュージョン)が入った。一方、今季で引退を表明しているゴードンは、最終的に6位に。トゥルークスJr.は12位でこのレースを終えている。

(オートスポーツweb)


海外ツーリングカーフォト

海外ツーリングカー一覧を見る

©AUDI AG

©BMW AG

©DTM

©DTM

©LAT

©LAT


©LAT

©LAT

©LAT

©TCR Series

©Volkswagen AG

©Volkswagen AG


海外ツーリングカーニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ