最新ニュース

WTCC、来季からのレースフォーマット変更を計画

2015.11.30

photo

©WTCC

フォトギャラリー


 世界ツーリングカー選手権(WTCC)は、2016年からレースフォーマットの変更を計画している。

 現在のレースフォーマットは、決勝日に2レースが行われており、そのグリッドは前日に行われる予選(Q1~Q3のノックアウト方式)でレース1のグリッドを決定。レース2は、予選10番手が1番グリッドとなるリバースグリッドを採用している。

 WTCCの責任者フランソワ・リベイロは、ウイークエンドの最後のレースを最も重要なレースにしたいと考えている。来季からリバースグリッドのレースを最初に行い、予選の結果に基づいたグリッドで争われるメインレースを最後に、そして距離も長く行いたいと語る。この変更には、水曜日にパリで開かれる世界モータースポーツ評議会の承認が必要となる。

「我々はレースフォーマットを変更するつもりだ。すべてのチーム、ドライバー、マニュファクチャラーに意見を聞きたいね。来年はリバースグリッドで争うレースを“オープニングレース”と呼び、その後に行うメインレースはいまより少し長くしたいんだ」とリベイロ。

「観客や視聴者にとっては分かりやすいだろう。もう少し簡単に説明できるよう、全体的なウイークエンドの構造を作らないといけない」

「レース2は壮観だが、ベストなドライバーが勝つわけではないし、ポディウムでシャンパンファイトをするドライバーもその週末の最高のドライバーではないかもしれない。我々はこれに取り組み、よいものへと変更することを決めた」

「トップドライバーたちにはより難しくなるだろうね。彼らはレース1でより多くのリスクを取らなければならない。多くのポイントを獲得するために順位を上げなければならないが、同時にメインとなるレース2のためにクルマを守る必要がある。ドライバーたちはアプローチを変更するだろうね」

 リベイロはチームと協議し、来季からヨーロッパ以外でのレースは、前日のテストセッションがなくなり2日間のイベントになるということもコメントしている。

 2016年カレンダーに新しいラウンドの追加はないが、ロシアラウンドはモスクワレースウェイからF1も開催するソチに移動する予定だ。

(オートスポーツweb )


海外ツーリングカーフォト

海外ツーリングカー一覧を見る

©AUDI AG

©BMW AG

©DTM

©DTM

©LAT

©LAT


©LAT

©LAT

©LAT

©TCR Series

©Volkswagen AG

©Volkswagen AG


海外ツーリングカーニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ