最新ニュース

マセラティ トロフェオWS:モンティがチャンピオン

2015.12.16

photo

©Maserati Japan

フォトギャラリー


photo

©Maserati Japan

フォトギャラリー


他の写真も表示 全2枚最初の1枚

Press Release

マセラティの世界最高峰ワンメイクレース
「マセラティ トロフェオ MCワールドシリーズ」
第6戦アブダビ、最終戦の栄光はセルナジオット、モンティは連日の表彰台に!

 アブダビ(UAE)発- 6シーズン目を迎えたマセラティワンメイクレース「マセラティ トロフェオ MC ワールドシリーズ」の最終戦が12月10・11日の両日、アブダビのヤス・マリーナ・サーキットで開催されました。
 2010年イタリアのモンツァ・サーキットで始まり、本レースで幕を閉じるワンメイクレースの有終を飾るシリーズチャンピオンに輝いたのはフランス人ドライバー、ロメイン・モンティでした。

 2日目の最終レースに勝利したのは、チーム・レッドドラゴンに復帰し、エマニュエル・スムラーとチームを組んだジョルジオ・セルナジオット。イタリア、ヴェネト州出身のセルナジオットは、最後の最後までプレッシャーをかけ続けた4台の車両を制してトップフィニッシュを飾りました。

 彼に続いたのは、モンティ、そしてリカルド・ラガッツィーとエイドリアン・デ・リーナーです。シリーズタイトルを獲得したばかりのモンティは前日のレース1公式予選1位につけ、トップ10のスターティンググリッドが予選結果の下降順という規定により10位からのスタートとなり、さらに50kgの重量ハンディを課せられたにもかかわらず、2位まで順位を上げました。
 もう一人、9位からのスタートながら着実に3位につけたのがラガッツィーです。

 4位にはリノ・クルティ、続いてポールポジションを守れなかったアレッサンドロ・ラツェッティ、オランダ人ドライバーのマシーズ・バッカーが7位に入りました。ジュゼッペ・ファシコロは8位、アンドレアス・セグラーは9位でした。

 50歳以上に限定されたタイトル「トロフェオ・オーバ50」は、ライバルのバリー・ボクスターを僅差で制した14位のリチャード・デニーに贈られました。

「マセラティ トロフェオ MC ワールドシリーズ」の“殿堂入り”には、マウロ・カラミア(2014年チャンピオン)、レナード・クッペンス(2012年・2013年)、デイヴィッド・バルディ(2011年)、ピエトロ・ズメール(2010年)に今年の覇者、モンティが加わりました。

 2016年、グラントゥーリズモMCはサーキットに復帰し、プライベートチームとして主にヨーロッパとアメリカのGT4ワールドシリーズに参戦します。各チームは車両を納車済みで、GT4規定に適合すべく調整を進めています。マセラティは、メインシリーズに参戦するチームにマセラティトロフェオで蓄積した6年間の経験とノウハウのすべてを活かしテクニカルサポートと部品を供給します。

(マセラティ ジャパンプレスリリース)


海外ツーリングカーフォト

海外ツーリングカー一覧を見る

©AUDI AG

©BMW AG

©DTM

©DTM

©LAT

©LAT


©LAT

©LAT

©LAT

©TCR Series

©Volkswagen AG

©Volkswagen AG


海外ツーリングカーニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ