最新ニュース

NASCAR、下位カテゴリーでも“チェイス”採用へ

2016.01.20

photo

©LAT

フォトギャラリー


 NASCARスプリントカップ・シリーズで採用されているチャンピオン決定戦“チェイス”のフォーマットが、直下のカテゴリーとなるエクスフィニティ・シリーズ、トラック・シリーズでも採用されることになった。

 現在スプリントカップで採用されているチェイスのフォーマットは、2014年から採用されているもの。第26戦までの戦績により16人が終盤10戦のチェイスへの参戦権を手にし、3戦ごとに下位4人が脱落。最後まで生き残った4名のうち、最終戦で最上位でフィニッシュしたドライバーがチャンピオンとなるシステムだ。スプリントカップでは、今年も引き続きこのフォーマットが継続となる。ちなみに、チェイス進出を逃したドライバーや、途中で敗退を喫したドライバーたちも、チャンピオンの権利は失うものの各レースには参戦を続け、シリーズランキング争いを続ける。

 このフォーマットが、スプリントカップとともに“三大カップ戦”を形成するエクスフィニティ・シリーズ、そしてトラック・シリーズでも導入されることになった。

 エクスフィニティ、トラックともに、チェイスは終盤7戦で展開され、3戦ごとに脱落者が出るというシステムとなる。エクスフィニティでは、チェイスに進出できるのは12人のドライバーとなり、3戦ごとに4人ずつ脱落していく。一方トラックでは、8人がチェイスに臨み、3戦ごとにふたりずつが脱落していく方式となる。

 3シリーズはともに、11月18日〜20日のホームステッド戦が最終戦となる。ラウンド数や脱落してく人数に違いはあるものの、この最終戦では各シリーズとも4人が王座決定をかけて争うこととなる。

 なお、2015年にスプリントカップのチェイスに進出したドライバーは、今年のエクスフィニティとトラックのチェイスには参加することはできない。

(オートスポーツweb )


海外ツーリングカーフォト

海外ツーリングカー一覧を見る

©AUDI AG

©BMW AG

©DTM

©DTM

©LAT

©LAT


©LAT

©LAT

©LAT

©TCR Series

©Volkswagen AG

©Volkswagen AG


海外ツーリングカーニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ