最新ニュース

かつては日本でも活躍。リカルド・リデルが引退

2016.02.17

 1990年代初頭に全日本F3に参戦し、近年はツーリングカーレース委参戦していたスウェーデン人ドライバー、リカルド・リデルが引退を表明した。

 1967年生まれのリデルは、1980年代後半からスウェーデンやイギリス、そして全日本と多くのF3シリーズに参戦。90年に4戦、92年〜93年にはフルシーズンでトムスからオリジナルシャシーの032Fを駆り全日本F3を戦い、トム・クリステンセンや田中哲也、高木虎之介らとしのぎを削った。

 リデル自身が2007年ル・マン24時間でのGT1クラス優勝とともに「特別な思い出」と語るのは、1992年マカオGPでの勝利。日本チームによるF3マカオGP初勝利であり、トムス/トヨタにとっても初勝利となった。91年はイギリスF3でトムスシャシーをドライブしており、トムスとゆかりの深いドライバーと言える。

 1994年からはヨーロッパに戻ったが、以降は主にツーリングカーやGTカーレースを主戦場とした。特に、1990年代に多くのマニュファクチャラーが参戦し大激戦となったBTCCイギリスツーリングカー選手権ではボルボをドライブし、多くの勝利を飾っている。また、スカンジナビアン・ツーリングカー選手権(STCC)、WTCC世界ツーリングカー選手権でもシボレーやセアトを駆り活躍した。


 しかし、リデルは2012年以降フルタイムでの活動がなくなり、フルタイムの参戦ができなかったため、引退を決めたと英autosport.comに語っている。

「僕は過去2年間、年に2〜3レースを戦うだけだったんだ。フルシーズン戦うことができないならば、僕は引退しようと思っていたんだ」と昨年WTCCにスポット参戦していたリデル。

「過去20年間に渡ってメーカーとの契約があったことをすごく誇りに思うよ。多くのドライバーがそういうことをできるわけじゃないからね」

 リデルは、英autosport.comから何か心残りはあるか? との質問に対し、次のように答えた。

「特にはないけどね。92年にマカオで勝った後、1993年にF1でジョーダンからオファーがあったんだ。だけど、それは持ち込みが前提のものだったし、当時スウェーデンではF1のテレビ放送がなかったので、可能性がなかったんだ」

「93年も日本に残ることに決めて、94年にはボルボからオファーをもらってイギリスに行った。それは僕にとっていい決断だったと思うよ」

(オートスポーツweb )


海外ツーリングカーフォト

海外ツーリングカー一覧を見る

©AUDI AG

©BMW AG

©DTM

©DTM

©LAT

©LAT


©LAT

©LAT

©LAT

©TCR Series

©Volkswagen AG

©Volkswagen AG


海外ツーリングカーニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ