最新ニュース

バレルンガでWTCCテスト開幕。ボルボS60走行

2016.03.03

 2日、イタリアのバレルンガでWTCC世界ツーリングカー選手権の合同テストが開幕した。ワークス勢の対決に注目が集まる2016年の最初のテストは、シトロエン勢が初日のトップタイムをマークしている。

 今季のWTCCは、3連覇を目指す王者シトロエンに対し、ホンダ、ラーダ、そして2016年から参戦するボルボ、プライベーターのシボレー勢が挑む構図となるが、そんなシーズンの幕開けとなるバレルンガ合同テストが2日始まった。

 注目はなんと言ってもボルボS60ポールスターTC1。ポールスター・シアン・レーシングから2台が参戦するが、フレデリック・エクブロム、テッド・ビョークというふたりが駆る2台がそろい、初日から走行を開始した。

 また、新カラーリングとなったシトロエン勢はC-エリーゼWTCCを1台、同じく新たなカラーリングパターンとなったホンダ・シビックWTCCも1台が持ち込まれた。シトロエン勢では、今季から台数が増えるセバスチャン・ロウブ・レーシング(SLR)が3台のC-エリーゼをフルカラーリングで持ち込んでいる。シボレー勢もジョン・フィリッピ、レネ・ミュニッヒが参加した。


 午前のセッションでは、ディフェンディングチャンピオンのホセ-マリア・ロペスが駆るシトロエンが1分37秒348でトップタイムをマーク。SLRのメディ・ベナーニが0.414秒差で2番手に続き、シトロエン勢がワン・ツー。ボルボのビョークがベナーニから0.439秒差の3番手につけた。

 午後のセッションでは、シトロエンはロペスに代わりイバン・ミューラーがドライブ。トップタイムは1分37秒000でベナーニがマークし、1分37秒352をマークしたビョークのボルボが2番手。SLRに移籍しシトロエンを駆るトム・チルトンが3番手となった。

 シビックは今季からワークスのJASに加入したノルベルト・ミケリスがドライブ。サスペンションのセッティングを中心にテストを進め、午前6番手、午後は4番手で初日を終えている。

(オートスポーツweb)


海外ツーリングカーフォト

海外ツーリングカー一覧を見る

©AUDI AG

©BMW AG

©DTM

©DTM

©LAT

©LAT


©LAT

©LAT

©LAT

©TCR Series

©Volkswagen AG

©Volkswagen AG


海外ツーリングカーニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ