最新ニュース

DTM、ホイールも共通化。ATSが17年から全車供給

2016.03.15

 DTMドイツツーリングカー選手権は15日、2017年からドイツのユニホイール社のブランドであるATSがコントロールホイールを供給すると発表した。

 共通モノコックおよびパーツ、ハンコックのワンメイクタイヤと、パーツの共通化が進むDTMだが、2017年からホイールも統一されることになった。DTMはユニホイール社と17年から製品開発およびコントロールホイールの供給の締結を発表し、全車がATS『シュマイドラード』ブランドのフォージド・アルミホイールを履くことになる。

 合意は最低3年間の予定で、現在ATSでホイールを開発中。夏頃にはテスト用のホイールがメルセデスベンツAMG、アウディ、BMWの3メーカーに供給される。新しいホイールはコンピュータシミュレーションでデザインされ、強度と軽さ、美しいデザインを両立しているという。

「2017年から我々が独占的にホイールを供給できることを喜ばしく思う。モータースポーツへの関与は、我々ユニホイールグループ全体の技術的な知見を示す素晴らしい機会になる」とユニホイール社のトーマス・バッハホルツ博士は語っている。

 これまでDTMでは、アウディはOZ、BMWはBBSなど、各メーカーゆかりの深いホイールを使用していたが、今後はホイールの外観も同じものになりそうだ。

(オートスポーツweb)


海外ツーリングカーフォト

海外ツーリングカー一覧を見る

©AUDI AG

©BMW AG

©DTM

©DTM

©LAT

©LAT


©LAT

©LAT

©LAT

©TCR Series

©Volkswagen AG

©Volkswagen AG


海外ツーリングカーニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ