最新ニュース

ヤマハ、『VR46ライダース・アカデミー』を導入

2016.03.02

photo

©AUTOSPORTweb

フォトギャラリー


 ヤマハは3月1日、都内で行われた2016年モータースポーツ活動説明会で世界のトップライダー輩出に向けた取り組みを強化していく一環として『VR46ライダース・アカデミー』という若手ライダーの育成・教育システムを導入すると発表した。

『VR46ライダース・アカデミー』は、FIMロードレース世界選手権(現MotoGP)で9回のチャンピオンを獲得したバレンティーノ・ロッシが、これまで積み重ねてきた経験と知識をもとに、世界のトップライダーを目指す若手ライダーの活動をサポートするため、2014年に生まれた組織だ。MotoGPではロッシが直接指導したライダーがMoto2、Moto3クラスで多く活躍している。

 ヤマハは『VR46ライダース・アカデミー』へのサポートとして、YZF-Rシリーズ、YZシリーズを提供するほか、将来ワークスライダーに成長するためのさまざまなノウハウを提供する。一方でヤマハは『VR46ライダース・アカデミー』を育成・教育システムのひとつとして導入する。

 発表会でヤマハ発動機株式会社の木村隆昭副社長は「若手ライダーにとってバレンティーノ・ロッシから直接指導してもらうことはまれなチャンスだと考えています。モチベーションのアップや貴重な経験になると信じています」と説明した。

 アカデミーへ派遣されるライダーは、アジアロードレース選手権AP250クラスおよび、その他選手権の成績と、将来性などを鑑みて若手の中から選ばれ、年に2回、1週間ずつロッシ自らが指導するトレーニングプログラムが予定されている。

 また、ロッシは「この契約の合意によって、僕が愛するふたつのもの、つまり“ヤマハ”と、僕の“VR46ライダース・アカデミー”とが関わり合い、ともに懸命に努力できることをうれしく思う。2016シーズンのなかで、トレーニングに参加するライダーたちと実際に会えるのを楽しみにしているよ。彼らはきっと、アカデミーで過ごす時間をエンジョイしてくれるはずだし、そのなかから新しい才能を見つけ出すことができるだろう」とコメントしている。

(オートスポーツweb)


インフォメーションフォト

インフォメーション一覧を見る

©AUTOSPORTweb

©AUTOSPORTweb

©Tomohiro Yoshita

©Tomohiro Yoshita

©Tomohiro Yoshita

©Tomohiro Yoshita


©Tomohiro Yoshita

©AUTOSPORTweb

©AUTOSPORTweb

©AUTOSPORTweb

©AUTOSPORTweb

©AUTOSPORTweb


インフォメーションニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ