最新ニュース

JAF GP:GT500のレース2は大嶋が制す。一貴2位

2013.11.24

photo

©Takashi Ogasawara

フォトギャラリー


photo

©Katsuhiro Hara

フォトギャラリー


photo

©Takashi Ogasawara

フォトギャラリー


photo

©Katsuhiro Hara

フォトギャラリー


photo

©Takashi Ogasawara

フォトギャラリー


他の写真も表示 全5枚最初の1枚

 JAF Grand Prix FUJI SPRINT CUPは24日、スーパーGT500クラスの決勝レース2が行われ、ENEOS SUSTINA SC430の大嶋和也がポール・トゥ・ウインを飾った。

 今回のJAF GP最後のレースとなるGT500のレース2は、好天に恵まれつつも徐々に日の落ちる中で展開。スタンディングスタートで始まった22周のレースでは、ポールポジションの大嶋がホールショット。3番手スタートの一貴がひとつ順位を上げて2番手に続いた。

 上位では、大嶋と一貴がほぼ同一のペースで周回。終始1秒弱のギャップを保ったまま、3番手以下を徐々に引き離していった。3、4番手には7番グリッドから好スタートを決めたジョアオ-パオロ・デ・オリベイラと、伊沢拓也が続いていくが、5番手をめぐる争いが序盤から加熱。フレデリック・マコウィッキと平手晃平に加え、後半には石浦宏明も交えたバトルが展開された。

 レース中程までは接近しつつも1秒弱の差で走行していた大嶋と一貴だが、15周目あたりを境にギャップが縮小。ただ、一貴も決め手に欠き、2台は僅差のままレース終盤に入っていく。タイヤライフの限界も近づいていたか、ともに若干挙動を乱す場面もあったものの、大嶋は最後まで一貴の先行を許さず、シリーズ最終戦もてぎに続いて見事優勝。来季からは新たなマシンが導入されるGT500クラス最後のレースで有終の美を飾った。

 2位にはコンマ2秒の差で一貴がつけ、スタートで7番グリッドからジャンプアップを果たしたジョアオ-パオロ・デ・オリベイラが3位。4位には、マコウィッキや石浦との5番手争いを制し、終盤には伊沢もとらえた平手が入っている。

(オートスポーツweb)


スーパーフォーミュラフォト

スーパーフォーミュラ一覧を見る

©Takashi Ogasawara

©Takashi Ogasawara

©Takashi Ogasawara

©Takashi Ogasawara

©Takashi Ogasawara

©Takashi Ogasawara


©Takashi Ogasawara

©Takashi Ogasawara

©Takashi Ogasawara

©Takashi Ogasawara

©AUTOSPORTweb

©AUTOSPORTweb


スーパーフォーミュラニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ