最新ニュース

スーパーフォーミュラ第7戦鈴鹿 決勝レース1結果

2015.11.08

 全日本選手権スーパーフォーミュラ第7戦鈴鹿は8日、20周の決勝レース1が行われ、ポールポジションスタートのアンドレ・ロッテラー(PETRONAS TEAM TOM’S)が優勝。石浦宏明(P.MU/CERUMO・INGING)は2位、中嶋一貴(PETRONAS TOM'S)は4位に入ったことで、得点差が7.5ポイントとなり、チャンピオン争いはレース2に持ち越された。

(オートスポーツweb)


スーパーフォーミュラ第7戦鈴鹿 レース1結果

天候:雨 路面:ウエット

Pos. No. Driver Team Machine Laps Grid Qualify
1 2 A.ロッテラー PETRONAS TEAM TOM’S SF14/トヨタ 20 1 1'38”354
2 38 石浦 宏明 P.MU/CERUMO・INGING SF14/トヨタ 20 2 1'38”392
3 8 小林 可夢偉 KYGNUS SUNOCO Team LeMans SF14/トヨタ 20 4 1'38”482
4 1 中嶋一貴 PETRONAS TEAM TOM’S SF14/トヨタ 20 5 1'38”592
5 40 野尻 智紀 DOCOMO TEAM DANDELION RACING SF14/ホンダ 20 9 1'38”874
6 34 小暮 卓史 DRAGO CORSE SF14/ホンダ 20 8 1'38”800
7 39 国本 雄資 P.MU/CERUMO・INGING SF14/トヨタ 20 10 1'38”878
8 11 伊沢 拓也 REAL RACING SF14/ホンダ 20 11 1'38”932
9 10 塚越 広大 REAL RACING SF14/ホンダ 20 15 1'39”229
10 7 平川 亮 KYGNUS SUNOCO Team LeMans SF14/トヨタ 20 12 1'39”032
11 65 B.バゲット NAKAJIMA RACING SF14/ホンダ 20 14 1'39”150
12 41 N.カーティケヤン DOCOMO TEAM DANDELION RACING SF14/ホンダ 20 18 1'38”834
13 4 W.ブラー KONDO RACING SF14/トヨタ 20 17 1'39”971
14 16 山本 尚貴 TEAM 無限 SF14/ホンダ 19 6 1'38”645
R 18 中山 雄一 KCMG SF14/トヨタ 17 13 1'39”126
R 3 J.ロシター KONDO RACING SF14/トヨタ 15 3 1'38”392
R 20 A.カルダレッリ Lenovo TEAM IMPUL SF14/トヨタ 10 16 1'39”450
R 64 中嶋 大祐 NAKAJIMA RACING SF14/ホンダ 10 19 1'39”569
R 19 J-P.デ・オリベイラ Lenovo TEAM IMPUL SF14/トヨタ 8 7 1'38”748

スーパーフォーミュラフォト

スーパーフォーミュラ一覧を見る

©Takashi Ogasawara

©Takashi Ogasawara

©Takashi Ogasawara

©Takashi Ogasawara

©Takashi Ogasawara

©Takashi Ogasawara


©Takashi Ogasawara

©Takashi Ogasawara

©Takashi Ogasawara

©Takashi Ogasawara

©AUTOSPORTweb

©AUTOSPORTweb


スーパーフォーミュラニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ