最新ニュース

SFシート争い:IMPUL巡りロシターvsデュバル勃発か

2016.02.01

 トヨタ、そしてホンダ陣営の体制発表会も近づき、発表を前にスーパーGTともども注目を集めているスーパーフォーミュラのストーブリーグ。昨年末にお届けした状況から、複数のチームのドライバー体制で新たな動きが出てきているようなので、最新情報を交えながら今一度その動きを整理してみよう。

 まず候補者の名前が多数挙がっていたダンデライアンは、野尻智紀とストフェル・バンドーンで落ち着く模様だ。とは言え、バンドーンの参戦でやはり気になるのは、マクラーレン・ホンダのリザーブドライバーとして全F1サーキットへの帯同が原則となる点。そのため、SF全戦との兼務は難しいのではという意見が当然ある。

 現段階のスケジュールを見て見ると、SFとF1は第2戦岡山(F1モナコGP)と最終戦鈴鹿(F1メキシコGP)が重なっている。その他、第3戦富士の前後はF1の方で2週連続開催が続いており、かなりの過密スケジュールになってしまう。

 そのため、SFに参戦するとなればマクラーレンとホンダのバックアップが必要不可欠なものとなるだろう。SFフル参戦を優先したF1帯同スケジュールを用意するのか、もしくは2013年にアンドレ・ロッテラーやロイック・デュバルが行っていたように、出られないレースは別のドライバーにシートを預けるという選択をするのか。具体的にどのような形になるのかは、2月12日に行われるホンダの体制発表で明らかになるのではないか。


 ダンデライアンが落ち着きをみせた一方で、年明けから動きを見せているのがチームインパルだ。昨年も1勝を挙げシリーズ4位に入ったジョアオ-パオロ・デ・オリベイラは残留が確実と見られる一方、もうひとつのシートにはテストでアグレッシブな走りをみせていた関口雄飛が乗るのではないかとも囁かれていた。

 しかし、実際には関口起用の可能性はあくまでウワサレベルのようだ。そしてインパルのシートに収まるドライバーとして、デュバルの名前が上がってきている。当初、デュバルは“古巣”となるチームルマンから復帰かと思われていたが、インパルも選択肢のひとつとして交渉していた模様。東京オートサロン前の段階ではオリベイラとデュバルのコンビで決定だろうという関係者の見方も強まっているほどだった。

 ところが、そこにジェームス・ロシターも移籍の可能性を探って交渉をしているという情報が舞い込み、デュバルvsロシターという構図でシート争いが勃発している模様だ。こちらは、2月4日のトヨタ体制発表で答えが出ることになる。

 また、チームルマンも新たな動きを見せている。まず、小林可夢偉は残留がほぼ確実。しかし、そのチームメイトとして、ダンデライアンでのシート争いに敗れる形となったナレイン・カーティケヤンの名前が浮上してきたのだ。

 デュバルはインパルと交渉中、そして昨年までルマンに在籍していた平川亮も、年明けからのWEC(世界耐久選手権)もしくはELMS(ヨーロピアン・ル・マン・シリーズ)への参戦がウワサされている。仮にELMS参戦となった場合、シリーズの半分がSFと重なってしまうため兼務は難しくなる。その枠を、カーティケヤンが狙っている模様だ。


 さらに、昨年は2台体制で参戦したKONDO Racingが、再び1台に戻るのではないかという情報も東京オートサロンの会場内で飛び込んできた。当初はロシターと全日本F3王者のニック・キャシディのラインアップとなるのではないかと見られていたKONDOだが、キャシディはヨーロッパF3に挑戦するようで、SF参戦はなくなった可能性もある。そしてロシターも、インパル移籍でチーム離脱の可能性も出てきている。

 KONDOの空いたシートにはウイリアム・ブラーが残留するとの観測もあるが、GP2への挑戦の可能性が囁かれていたアンドレア・カルダレッリがSFに残り、KONDOに入る可能性もありそうだ。

 その他は、今のところ大きな動きは確認されていないが、ホンダ勢では11月の鈴鹿テストにも参加していた金石年弘が復帰のチャンスを求めて交渉をしているという情報も入ってきている。ホンダ勢ではTEMA無限が2台体制での参戦になるのではないかともウワサされており、ステアリングを握るのは外国人ドライバーが有力との情報もある。チームに残留することになると見られる山本尚貴のチームメイトが誰になるのか、注目される。
 
 今週木曜日に発表されるトヨタの体制発表、そして来週金曜日2月12日のホンダの体制発表で全てが明らかになるが、今シーズンのSFも見どころ満載のエントリーリストになることは間違いなさそうだ。

(Tomohiro Yoshita)


スーパーフォーミュラフォト

スーパーフォーミュラ一覧を見る

©Takashi Ogasawara

©Takashi Ogasawara

©Takashi Ogasawara

©Takashi Ogasawara

©Takashi Ogasawara

©Takashi Ogasawara


©Takashi Ogasawara

©Takashi Ogasawara

©Takashi Ogasawara

©Takashi Ogasawara

©AUTOSPORTweb

©AUTOSPORTweb


スーパーフォーミュラニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ