最新ニュース

トヨタ、SF参戦体制を発表。3台がドライバー未定

2016.02.04

photo

©AUTOSPORTweb

フォトギャラリー


photo

©AUTOSPORTweb

フォトギャラリー


photo

©AUTOSPORTweb

フォトギャラリー


他の写真も表示 全3枚最初の1枚

 トヨタ自動車は4日、2016年のモータースポーツ活動計画を発表し、全日本スーパーフォーミュラ選手権への参戦体制を明らかにした。

 ダラーラ製のSF14シャシーと2リッター直4直噴ターボ“NRE”のパッケージでの2年目のシーズンとなった昨年は、第2戦でシリーズ初勝利を獲得した石浦宏明が破竹の勢いで初戴冠。トヨタ陣営としては2年連続のタイトル獲得を果たした。16年シーズンに向けては、タイヤサプライヤーがヨコハマへと変更となるが、トヨタ陣営のドライバーラインアップにも変更があった。

 チーム数は昨年と同じく6チームとなり、合計11台のトヨタエンジン搭載車がリストアップされているが、KONDO RACINGの2台、そしてTEAM IMPULの20号車のドライバーはTBD(未決定)となっている。

 決定しているドライバーラインアップでは、ディフェンディングチャンピオンとしてこのシーズンを迎える石浦がカーナンバー1をつけP.MU/CERUMO・INGINGに残留。国本雄資も引き続き石浦と組むこととなった。

 また、昨年はドライバーズタイトルは逃したもののチームタイトルは堅持したトムス陣営も、引き続き中嶋一貴&アンドレ・ロッテラーという盤石な体制を敷いている。

 昨年から国内シリーズに復帰した小林可夢偉も、チームルマンに残留し引き続き8号車をドライブ。一方、チームメイトだった平川亮は、今季のスーパーフォーミュラには参戦しないこととなり、昨年はホンダ陣営のダンデライアンからシリーズに参戦していたナレイン・カーティケヤンが7号車をドライブすることになった。これによりルマンには、F1参戦経験を持つふたりが揃うこととなった。

 チームインパルは、20号車がTBDとなっているが、19号車では引き続きジョアオ-パオロ・デ・オリベイラを起用。そして、KCMGからも引き続き中山雄一が参戦することになった。

 一方、前述のとおりKONDO RACINGは2台ともにTBD。参戦台数を1台にするのではないかとも囁かれていたが、2台体制となる予定である旨が発表されている。インパルの19号車を含め、残る3つのシートに誰が収まることになるのが、引き続き注目したいところだ。

(オートスポーツweb)


2016年TOYOTA GAZOO Racing スーパーフォーミュララインナップ

No Driver Team
1 石浦宏明 P.MU/CERUMO・INGING
2 国本雄資 P.MU/CERUMO・INGING
3 TBD KONDO RACING
4 TBD KONDO RACING
7 ナレイン・カーティケヤン SUNOCO Team LeMans
8 小林可夢偉 SUNOCO Team LeMans
18 中山雄一 KCMG
19 ジョアオ-パオロ・デ・オリベイラ TEAM IMPUL
20 TBD TEAM IMPUL
36 アンドレ・ロッテラー TEAM TOM'S
37 中嶋一貴 TEAM TOM'S

スーパーフォーミュラフォト

スーパーフォーミュラ一覧を見る

©Takashi Ogasawara

©Takashi Ogasawara

©Takashi Ogasawara

©Takashi Ogasawara

©Takashi Ogasawara

©Takashi Ogasawara


©Takashi Ogasawara

©Takashi Ogasawara

©Takashi Ogasawara

©Takashi Ogasawara

©AUTOSPORTweb

©AUTOSPORTweb


スーパーフォーミュラニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ