最新ニュース

鈴鹿ファン感でSFテストラン。“新人”関口6番手

2016.03.13

photo

©Takashi Ogasawara

フォトギャラリー


photo

©Takashi Ogasawara

フォトギャラリー


photo

©Takashi Ogasawara

フォトギャラリー


photo

©Takashi Ogasawara

フォトギャラリー


photo

©Takashi Ogasawara

フォトギャラリー


他の写真も表示 全5枚最初の1枚

 12日、鈴鹿サーキットで開催されている『2016 モータースポーツファン感謝デー』の中で、全日本スーパーフォーミュラ選手権のスペシャルテストランが行われ、50分間のセッションでアンドレ・ロッテラー(TEAM TOM’S)がトップタイムをマークした。注目の新人、ストフェル・バンドーン(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)は11番手、関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)は6番手タイムを記録している。

 国内モータースポーツシーズンの到来を告げる恒例イベントとなっている鈴鹿サーキットのモータースポーツファン感謝デー。開催初日の午後2時30分より行われたスペシャルランには17台が参加。今年、スーパーフォーミュラ初参戦となるバンドーンと関口、昨年王者の石浦宏明(P.MU/CERUMO・INGING)や13年チャンピオンの山本尚貴(TEAM無限)らが走行を行った。なお、中嶋一貴(TEAM TOM’S)と小林可夢偉(SUNOCO Team LeMans)は出走していない。

 ファン感初日の鈴鹿は快晴に恵まれ、このセッションもドライコンディションでスタート。序盤はナレイン・カーティケヤン(SUNOCO Team LeMans)がトップにつけ、ベルトラン・バゲット(NAKAJIMA RACING)や中嶋大祐(NAKAJIMA RACING)、伊沢拓也(REAL RACING)といったホンダエンジン勢、バンドーン、関口の初参戦組も上位につけた。

 セッション開始から25分ごろ、ロッテラーがトップに浮上。2番手に石浦、3番手にジョアオ-パオロ・デ・オリベイラ(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)、4番手に関口とトヨタエンジンユーザーがタイムシートの上位を埋めていく。

 セッション残り時間が20分を切ろうかというタイミングで、ジェームス・ロシター(KONDO RACING)が2コーナー立ち上がりでスピン。その8分後にはロッテラーがスプーンの立ち上がりでバランスを崩し、イン側のランオフエリアへ飛び出したが、両ドライバーともすぐにコースへ復帰を果たしたため、赤旗などは掲示されなかった。

 その後はコースアウトするマシンもなく、セッションは終了。最終的にセッション中盤にロッテラーが記録したタイムを上回るドライバーは現れず、初日はロッテラーがトップにつけた。2番手にはホンダ陣営の山本がつけ、3番手には石浦、4番手にはオリベイラが続いている。参戦初年度となる関口は6番手、バンドーンは11番手だった。

 このスペシャルテストランは13日も午前8時45分より実施されるほか、午後1時15分からは全ドライバーが登場してのデモレースも行われる予定だ。

(オートスポーツweb)


鈴鹿ファン感謝デー スーパーフォーミュラ・スペシャルテストラン初日結果(※編集部集計)

Pos. No. Driver Team Machine Time
1 36 A.ロッテラー TEAM TOM’S SF14/トヨタ 1'38''151
2 16 山本 尚貴 TEAM 無限 SF14/ホンダ 1'38''459
3 1 石浦 宏明 P.MU/CERUMO・INGING SF14/トヨタ 1'38''532
4 19 J-P・デ・オリベイラ ITOCHU ENEX TEAM IMPUL SF14/トヨタ 1'38''549
5 2 国本 雄資 P.MU/CERUMO・INGING SF14/トヨタ 1'38''902
6 20 関口雄飛 ITOCHU ENEX TEAM IMPUL SF14/トヨタ 1'38''946
7 64 中嶋 大祐 NAKAJIMA RACING SF14/ホンダ 1'39''082
8 3 J.ロシター KONDO RACING SF14/トヨタ 1'39''216
9 40 野尻 智紀 DOCOMO TEAM DANDELION RACING SF14/ホンダ 1'39''297
10 7 N.カーティケヤン SUNOCO Team LeMans SF14/トヨタ 1'39''334
11 41 S.バンドーン DOCOMO TEAM DANDELION RACING SF14/ホンダ 1'39''357
12 65 B.バゲット NAKAJIMA RACING SF14/ホンダ 1'39''358
13 10 塚越 広大 REAL RACING SF14/ホンダ 1'39''498
14 11 伊沢 拓也 REAL RACING SF14/ホンダ 1'39''583
15 34 小暮 卓史 DRAGO CORSE SF14/ホンダ 1'39''740
16 18 中山 雄一 KCMG SF14/トヨタ 1'39''784
17 4 W.ブラー KONDO RACING SF14/トヨタ 1'40''864
  8 小林 可夢偉 SUNOCO Team LeMans SF14/トヨタ 出走せず
  37 中嶋 一貴 TEAM TOM’S SF14/トヨタ 出走せず

スーパーフォーミュラフォト

スーパーフォーミュラ一覧を見る

©Takashi Ogasawara

©Takashi Ogasawara

©Takashi Ogasawara

©Takashi Ogasawara

©Takashi Ogasawara

©Takashi Ogasawara


©Takashi Ogasawara

©Takashi Ogasawara

©Takashi Ogasawara

©Takashi Ogasawara

©AUTOSPORTweb

©AUTOSPORTweb


スーパーフォーミュラニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ