最新ニュース

関口のSF合同テスト初日、赤旗により不完全燃焼

2016.03.14

photo

©Takashi Ogasawara


photo

©Takashi Ogasawara


他の写真も表示 全2枚最初の1枚

 14日、鈴鹿サーキットで幕を開けた全日本スーパーフォーミュラ選手権の第1回公式合同テスト。チーム・インパルから同シリーズへ初参戦する参戦する関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)は、16周を走りこみ6番手タイムを記録している。

 ついに念願のトップフォーミュラ参戦を果たした関口だが、合同テスト初日は“不完全燃焼”と言える状況で終えることとなった。この日の鈴鹿サーキットは朝からの雨と季節外れの寒さが重なり、コースアウトするマシンが続出。2時間の走行枠で5度の赤旗中断があり、アタックラップを行うことができなかった。

 関口のエンジニアを務める松崎穣氏も「コースインしていく度に、これからというタイミングで走行を打ち切られてしまいました。次のラップから、というところでスティントを打ち切られてしまったので、すごく残念でした」と今日の走行を振り返っている。関口自身もコース上の至る所に水たまりがあり、難しいコンディションだったことを認めている。

 その関口は、今回の持ち込みセットとして、チームメイトのジョアオ-パオロ・デ・オリベイラのセッティングを使用。そのセットで走りこんだ後、自分好みのセッティングへ変更していったことを明かした。オリベイラのセッティングを採用した理由について、松崎エンジニアは「自分たちが持っているものすべてを出していますよ、ということを見せた形ですね」と説明する。

「僕たちが持っている1番速いセットアップを示しました。そこから僕と関口くんが話しあうなかで、関口くんが望んでいる箇所を速くしていきました」

 ドライコンディションが予想されているテスト2日目に向けて「ドライの状態で試したいと思っていた項目が残っているので、それを消化しつつ、速いラップタイムを出したいなと思います」と松崎エンジニア。
 関口には、明日のドライセッションで、星野一義監督の求める“ギンギン”の走りを期待したい。

(オートスポーツweb)


スーパーフォーミュラフォト

スーパーフォーミュラ一覧を見る

©Takashi Ogasawara

©Takashi Ogasawara

©Takashi Ogasawara

©Takashi Ogasawara

©Takashi Ogasawara

©Takashi Ogasawara


©Takashi Ogasawara

©Takashi Ogasawara

©Takashi Ogasawara

©Takashi Ogasawara

©AUTOSPORTweb

©AUTOSPORTweb


スーパーフォーミュラニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ