最新ニュース

WEC富士は赤旗のまま16周で終了。トヨタが優勝

2013.10.20

photo

©Masahide Kamio

フォトギャラリー


photo

©Masahide Kamio

フォトギャラリー


photo

©Masahide Kamio

フォトギャラリー


photo

©Masahide Kamio

フォトギャラリー


photo

©Masahide Kamio

フォトギャラリー


他の写真も表示 全5枚最初の1枚

 WEC世界耐久選手権第6戦富士は2回の赤旗を経て15時35分にレース再開となったが、セーフティカー先導のリスタート直後に再度赤旗が提示され、レースはそのまま終了に。中断時にトップに立っていた7号車トヨタTS030ハイブリッドが優勝となった。

 強い雨により、2回の赤旗中断となったWEC世界耐久選手権第6戦富士の決勝レース。長い中断を経て、15時35分にセーフティカー先導でリスタートしたが、その周に再び赤旗が提示され、そのままレース終了となった。

 レースは16周を終えた時点での順位が採用されることになり、ポールスタートの1号車アウディが2回目の中断前にピットに入ったこと、8号車トヨタがスタート直前のピットレーンクローズに間に合わなかったことから、予選3番手スタートのアレックス・ブルツ/ニコラス・ラピエール/中嶋一貴組7号車トヨタTS030ハイブリッドが優勝という結果となった。2位は2号車アウディ、3位はレベリオン・レーシングの12号車ローラ・トヨタとなった。

 LMP2クラスは、OAKレーシングのベルトラン・バゲット/リカルド・ゴンザレス/マーティン・プロウマン組35号車モーガン・ニッサンが優勝。2位はG-ドライブ・レーシングの26号車オレカ・ニッサンで、3位は日本のゲイナーが獲得。平中克幸/植田正幸/ビヨン・ビルドハイム組が表彰台に立った。

 LM-GTEプロクラスはダレン・ターナー/ステファン・ミュッケ/フレデリック・マコウィッキ組97号車アストンマーチン・バンテージが優勝。LM-GTEアマクラスはクリストファー・ニギャルド/クリスチャン・ポウルセン/ブルーノ・セナ組95号車アストンマーチンが優勝となっている。

 なお、赤旗終了直後、富士スピードウェイとFIA WECは会場に集まりレース再開を待ったファンのために、ピットレーンを解放することを決定。ドライバーがピットレーンでファンサービスを行った。また、富士スピードウェイでは今回のチケットを持参したファンに、今後1年間のWECまでのレースで、公式プログラムを1冊進呈するという。このあたりの詳細は後日発表される予定だ。

(オートスポーツweb)


スポーツカーフォト

スポーツカー一覧を見る

©Ford

©Porsche Japan KK.

©Porsche Japan KK.

©Porsche Japan KK.

©Blancpain GT Series

©Blancpain GT Series


©Blancpain GT Series

©Blancpain GT Series

©Blancpain GT Series

©LAT

©LAT

©Toyota


スポーツカーニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ